タロットカード【13.死神】の意味|正位置・逆位置と悩み別の解釈
(c)Telsys Network CO.,LTD.

タロットカードには、それぞれそのカード特有のメッセージが込められています。

また、カードが正位置で出ているか、あるいは逆位置で出ているかでメッセージの内容も変わり、占うテーマによっても解釈が異なってきます。

ですから、タロットカード占いをする時は、まずカード本来の意味を知ることがとても重要なんです。

それでは、タロットカードの大アルカナ【死神(Death)】について解説していきましょう。

タロットカード「13.【死神】」の基本的な意味

【死神】のカードは、その名のとおり「死」や「突然の変化」「ターニングポイント」を示します。何となく不吉に見えるカードですが、恐れることはありません。

物事には始まりがあれば終わりがあるのが常であり、逆に言うと1つの物事が終わることで、新しいスタートがやってきます。

このように、苦しい思いをするかもしれませんが、死を迎えることが希望や将来につながることから「死と再生」「終止符を打つことで状況が変化する」という意味を持っています。

しかし逆位置で出た場合は、きちんと終焉を迎えることができない、ズルズルと引きずってしまうなど、苦しい状況が続いてしまうことを示します。

【死神】のカードが出たら、現状を受け入れること、そして勇気ある決断をすることが求められるでしょう。

「13.【死神】」の解釈キーワード

変化・試練・苦難・絶望・死・清算・病気・何かを捨てる・再生の始まり・回復・心機一転

「13.【死神】」の正位置の解釈

【死神】のカードの正位置は「苦難」「試練」「絶望」というネガティブな意味と「変化」「清算」「回復」「心機一転」というポジティブな意味を持ち合わせています。

このカードが出た場合、今の状況に決着をつけ、新しい展開を受け入れることが必要になります。

ただし、順風満帆に次の展開に移行するのではなく、一時的にでも苦しく困難な状況に立たされる可能性が高いため、勇気をもってきっぱり決断することが大切。

そのため執着していることがあれば手放したり、白黒はっきりとさせたり、良くも悪くも潔く判断しなければなりません。

もし【死神】のカードが出たのなら、今の状況にきっちり決着をつけることを求められるでしょう。

「13.【死神】」の逆位置の解釈

【死神】のカードが逆位置で出た場合、【死神】が本来持っているエネルギーがうまく発揮できなくなります。

たとえば終わらせることができない、救いがない、絶望する、はっきりせずにどうしていいかわからないなど、悪い状況がズルズルと続いてしまう流れになります。

正位置の場合も困難な状況は避けられませんが、決着がつくぶん、前に進む原動力やきっかけを作ることができます。

しかし逆位置の場合は、きっかけもなく、出口が見つからず、いつまでも留まり続けなければなりません。そのため「決断ができない」「迷い」「不安」「何かを捨てる」というキーワードも含んでいます。

【死神】の逆位置が出た場合、今までのやり方をガラリと変える必要があります。まわりの声にも耳を傾け、意識的に変える努力をしましょう。

カードに何が描かれている?「13.【死神】」のシンボル

(c)Telsys Network CO.,LTD.

【死神】のカードに描かれているシンボルには、それぞれ意味があります。

①黒い鎧姿の骸骨は、黒は闇や受動性を、そして骸骨は「死」を表します。

②赤い目をした白馬は、赤は情熱や生きるエネルギーを、白は純潔や聖なるエネルギーを示しています。そして馬は能動的でエネルギッシュな生き物であり、受動的で死を受け入れている骸骨との対比や二元性を表しています。

③薔薇が描かれた黒い旗も、黒と白の対比で「生と死」のメッセージです。

④女性や子供、司祭は、私たちそのものを象徴しているといえます。

⑤背景に流れる川は、新しいものを生み出す始まりのシンボル、そして太陽は生命エネルギーを表しています。

死神の来訪によって一度は死が訪れますが、その先には必ず希望が待っていることを示しています。

「13.【死神】」の正位置|恋愛での解釈

恋愛での【死神】の正位置は、今までの関係が終わり、新しい関係が始まることを示します。

出会いを探しているなら、今までの恋愛観をガラリと変えることでチャンスが生まれます。イメチェンや出会いの場を変えるのも良いでしょう。

片思い中なら、告白したり、逆に距離を置いて冷静に考えてみたり、思い切った行動が2人の関係性を変えます。失恋の可能性もありますが、この恋が終わることで新しい恋のチャンスが期待できます。

両想いなら、執着を捨てて新しい展開を受け入れる必要があります。結婚して生活が変わる、出産、育児、などおめでたい流れもありますが、思いがけず大きな変化が待っています。

あなたが成長するために欠かせない区切りやターニングポイントがやってくるといえるでしょう。

「13.【死神】」の逆位置|恋愛での解釈

恋愛での【死神】の逆位置は、カードのエネルギーが過剰に出やすくなります。

苦しみが続く、告白できない、過去を引きずるなど、ネガティブな状況から逃れることができません。

出会いを探しているなら、自分の価値観や行動を変えない限り、恋のチャンスは得られません。

片思い中なら、現状維持や停滞、強制的な失恋や意中の人との関係が険悪になるなど、精神的に辛い状況になる場合もあります。

両想いなら、そのまま破局の危機です。思いがけない形で、しかも痛みを伴う別れを経験してしまうかも。離婚や家庭内別居、マンネリ状態が続くという意味もあります。

【死神】の逆位置が出たら、良い意味で諦めが肝心。変化を受け入れる勇気を持ち、現実と向き合ってください。

「13.【死神】」の正位置|仕事での解釈

仕事において【死神】の正位置が出た場合は、仕事上の大きな変化を示しています。

たとえば仕事内容が変わったり、転勤や転職で自分の立ち位置が変わったり、仕事環境において大きな変化が起こる可能性が高いです。

特に【死神】の場合は、今までとは全然違う仕事につくなど、ゼロからのスタートになる可能性が高く、最初のうちは苦労や疲労が絶えず苦しい思いをするかもしれませんが、先行きは明るく希望が見えます。

心機一転ということで転職や起業、独立も暗示しますが、相当の覚悟をもって進めば成功がつかめるでしょう。

【死神】のカードが出た場合は、過去の経験や地位に執着せずに積極的に変化を受け入れてることが重要ですが、覚悟があればきっと新しい人生をスタートさせることができるでしょう。

「13.【死神】」の逆位置|仕事での解釈

仕事において【死神】の逆位置が出た場合は、決断できないことが原因でチャンスを逃す、過去に執着するなど、現状を変えることや変化への恐れが、事態を悪化させます。

たとえば苦しい環境下で働かなければならなかったり、辞めたいのに辞められなかったり、つまらない仕事をダラダラ続けるなど、生産性がなく、無駄な時間を過ごしてしまう可能性が高まります。

また、将来が見えない、希望がない、ズルズルと停滞してしまう、怠け心ややる気のなさなど、エネルギーが湧かずにまさに「生きる屍」のような精神状態になる場合も。

【死神】の逆位置が出たら、自分の人生について向き合い、白黒はっきりとつける時が来ています。痛みを伴う覚悟をもって変化の道を受け入れてください。

「13.【死神】」の正位置|金運での解釈

金運を占った時に【死神】の正位置が出た場合は、一時的な損失や出費を意味します。

しかし無駄な出費ではなく、人生が大きく切り替わるための必要経費として出ていく場合が多いです。

たとえば引っ越しや部屋の模様替えの資金として、あるいは自分磨きやスキルアップのための出費、転職や起業費用、結婚資金など、一時的な出費は将来に対する投資と考えて良いでしょう。

収入よりも出費が増えることで経済的に苦しくなることは避けられませんが、そのぶん、大きな見返りや発展性も期待できます。

ただし、消耗品による出費や飲食、交際費など形に残らないものでお金が出ていく可能性もあります。

何にお金を使うのか、しっかり考えることが課題といえるでしょう。

「13.【死神】」の逆位置|金運での解釈

金運を占った時に【死神】の逆位置が出た場合は、「浪費」「損失」「破産」の意味合いが高くなります。お金の本来の意味を見失い、お金を生かすことができません。

衝動買いによる浪費がかさんだり、無駄なことに投資して見返りばかりか損失ばかり大きくなったり、手持ちにあるお金がどんどん減っていきます。

あるいは、お金に対する執着が強すぎて人間関係が壊れたり、生活自体が良くない方向へと進んでしまったり、一見煌びやかに見えても内面から崩れていく状態に陥ることも。

お金に対する執着が強いほど運気も下がります。今までのやり方を変えなければ破産の道をたどってしまうかもしれません。

【死神】の逆位置が出たら、お金との付き合い方をしっかりと見直しましょう。

本格タロット占いで
↓あなたの運命を詳細鑑定↓

他のタロットカードの意味はこちらで紹介しています

0.愚者 1.魔術師 2.女教皇

3.女帝 4.皇帝 5.法王

6.恋人 7.戦車 8.力

9.隠者 10.運命の輪 11.正義

12.吊るされた男 13.死神 14.節制

15.悪魔 16.塔 17.星

18.月 19.太陽 20.審判

21.世界

あなたにおすすめの占い