四柱推命|あなたの性格と運勢を無料で鑑定

【完全無料】四柱推命(しちゅうすいめい)の命式からあなたの運命を細密鑑定。自分の生まれた年、月、日、時刻から十干・十二支・五行を導き出し、性格や運勢エネルギーを占います。古代中国で生まれ、その的中率の高さから“占いの帝王”とも呼ばれる超高精度&精密占いをお試し下さい。

■鑑定項目
  • 四柱推命で占うあなたが生まれ持った性格と生き方
  • あなたの思考・行動パターンと、運勢傾向
  • 五行バランスで見るあなたの「天職」と「職場環境」
  • 調候用神(守護神)から導くあなたの開運の鍵
  • 【大運】でわかる“あなたが今迎えている運命”
  • 【年運グラフ】で見るあなたの運勢エネルギー
あなたについて教えて下さい
・生年月日

・出生時刻

・出生地

・性別


テレシスネットワーク株式会社は、ご入力いただいた情報を、占いサービスを提供するためにのみ使用し、情報の蓄積を行ったり、他の目的で使用することはありません。
ご利用の際は、当社個人情報保護方針とうらなえるの利用規約に同意の上、必要情報をご入力ください。

↓もっと詳しく占いたい方は↓
超精密・四柱推命であなたの運命全てを網羅!
あなたの出生から晩年までの人生を占います

彼女の一言で芸能界・政財界・富豪が動く。世界のVIPが実生活に取り入れる≪圧倒的な影響力×願望実現力≫あなたの今から晩年に訪れる結婚、仕事、お金の運命を徹底解読。本気で幸せを望まれる方はご覧下さい。

鑑定項目一覧

・あなたという人間に宿る先天的資質

・あなたに与えられた使命と課題

・あなたが一番輝くための幸福の在り方

・今、あなたが対峙している状況と幸福への足掛かり

・あなたが引き寄せやすい「ご縁」と、生涯の「結婚運」

・あなたが潜在的に求めている【愛情】と【幸せ】

・独身時代にあなたが培った魅力と、結婚するまでに準備しておくべきこと

・“結婚相手”として見た時のあなたの適性と美点

・【見極めが肝心です】あなたが結婚相手に選んではいけない異性

・八字易占術で見極める【もし独身を貫いた場合】あなたの人生はこうなります

・八字易占術で見極める【もし結婚した場合】あなたの人生はこうなります

・あなたの結婚相手の「顔」と「外見的特徴」

・あなたの結婚相手の「性格」と「友人・知人からの評判」

・あなたの結婚相手の「仕事の才能」と「出世運」

・その異性との出会いと、交際のきっかけ

・交際中、2人はこんな恋人になります

・その異性があなたと結婚相手として選ぶ決め手とプロポーズ

・結婚後、2人が築く家庭と育む愛の形

・先天的にあなたに宿る特別な才能と可能性

・あなたに適した職業と、新たに開花する能力・資質

・【転職した場合】どうなる?【独立した場合】成功する?

・あなたの仕事人生に飛躍とチャンスをもたらす「重要人物」

・晩年までのあなたの金運と、得る財産

・あなたの仕事を好転させるために意識すべきポイント

・今よりも収入を向上させるためにあなたが実践すべきこと

・あなたが仕事で抱えやすい問題と、その解消法

・【●月×日】今後、あなたに起こる仕事の一大転機

・その転機によって、あなたが得るもの

・あなたが大切にすべき仕事の人間関係

・仕事人生で迷走した時、あなたが決断すべき最善の道

・【上昇⇔停滞】現在、あなたに流れ込んでいる運気

・あなたが歩む人生でぶつかりやすい壁と、その解消法

・人生であなたが満たされる瞬間と、開運への鍵

・あなたに幸運を呼ぶ、関わりを持つべき「人物」

・一方で、あなたが意識して避けるべき「人物と人間関係」

・“今後1年以内”にあなたの人生に起こる特別な出来事

・愛・仕事・財……その出来事があなたの人生にもたらす変化

・今後5年間のあなたの恋愛運と、育む愛

・【中年期の運勢】あなたが得る成功と、迎える人生

・今後10年間であなたの人生に訪れる試練と克服法

・【誰と居る?/何してる?】10年後のあなたの人生と運命状況

・健康な姿で晩年を迎えるために、あなたが注意すべき生活習慣

・【晩年期の運勢】あなたの仕事状況、お金回り、家庭環境

・あなたが残りの人生を幸福に生きるための秘訣

・あなたの少し先の運命に踏み込む【易賽術】

全45項1.5万字【今/中年/晩年◆人生全てが解るSP占】あなたの愛職財
会員価格:3630円(税込)
通常価格:5060円(税込)
うらなえる本格鑑定の監修者サイトで占います
会員登録(無料)すると、会員割引価格で購入できます
テレシスネットワーク株式会社は、ご入力いただいた情報を、占いサービスを提供するためにのみ使用し、情報の蓄積を行ったり、他の目的で使用することはありません。
ご利用の際は、当社個人情報保護方針とうらなえるの利用規約に同意の上、必要情報をご入力ください。

「日本一当たる」とTVで紹介された
人気占い師・水晶玉子が
↓四柱推命であなたの運命を無料鑑定↓

四柱推命の命式とは?
四柱推命では、自分の生まれた年、月、日、時間の4つの柱を基に、十干・十二支からなる六十干支で表記した“命式”を用いて鑑定していきます。4つの柱からなる、年干支、月干支、日干支、時干支の計八字の命式から生まれ持った運勢や才能、性格など、その人を形成している様々な要素を推察し鑑定することができます。
■四柱推命の4つの柱の意味は?
四柱推命の4つの柱には「年柱(ねんちゅう)・月柱(げっちゅう)・日柱(にっちゅう)・時柱(じちゅう)」があり、それぞれの柱に意味合いがあります。生まれた年を示す【年柱】では両親や先祖などのルーツや目上の人にあらわれる性質。生まれた月を示す【月柱】では兄弟や友人に対してあらわれる性質。生まれた日を示す【日柱】ではその人自身や恋愛面での性質。生まれた時刻を示す【時柱】では子供や子孫、部下など目下の人に対してあらわれる性質を意味しています。
年柱 年齢域0~20歳の初年運。自分のルーツや、人生の傾向、成育環境。先祖や親、年長者などを表す。
月柱 年齢域20~40歳の青年運。生まれ持った運や才能、社会運や成功運。兄弟姉妹、友人、親などを表す。
日柱 年齢域40~60歳の中年運。その人自身を表し、私生活や結婚生活、人間関係では配偶者などを表す。
時柱 年齢域60歳以降の晩年運。子供運や仕事能力、晩年運、人間関係では目下の人間などを意味します。
四柱推命の起源と歴史は?
四柱推命の起源は、紀元前1400年~1300年の古代中国の殷王朝(いんおうちょう)時代の中頃に使われていた、亀の甲羅や獣骨の破片に刻まれた文字『甲骨文(こうこうつぶん)』にあると言われています。甲骨文には四柱推命の原理とも言える「五行説」や、「十干」「十二支」を組み合わせた「六十干支」を使って、暦を表していたことが知られています。

文献考証的に命術の「四柱推命」として最古となるものは、古代中国の宋の時代(西暦960年~1279年)に除居易(徐子平)という占星術師が『淵海子平(えんかいしへい)』という名前で執筆した本といわれており、四柱推命の学問を発展させていったとされています。

◆日本における四柱推命の成り立ちについて
日本に推命学の『淵海子平』が渡ってきたのが江戸時代の中期とされています。その後、陸奥(むつ)仙台の儒者である桜田虎門(さくらだこもん)によって、『淵海子平』を訳本した『推命書』という書物が書かれ、これが日本における四柱推命のはじまりと言われています。
四柱推命と陰陽五行説の関係とは?
四柱推命の原理は古代中国から伝わる陰陽説と五行説にあります。陰陽説は「男と女」「太陽と月」「海と山」「N極とS極」といったように、全てのものを陰と陽に二元化し、それぞれ逆の性質を持つとする考え方です。そして、五行説は宇宙における万物は『木』『火』『土』『金』『水』という5つの元素から成り立っているという考え方です。

四柱推命ではこの陰陽五行説の理論を基に、その人の生年月日時刻を、六十干支に直し、木・火・土・金・水の5つのグループに振り分け、互いのエネルギーが作用する影響やバランスから性格や運命を推測・推理していきます。

四柱推命の十干・十二支とは?
命式で用いる十干・十二支は、略して干支(かんし)とも呼ばれ、十干の10個の要素からなる「天干(てんかん)」と、十二支の12の要素からなる「地支(ちし)」に分けられています。四柱推命では4つの柱にそれぞれ配置されている天干と地支の関係や組み合わせから陰陽五行のエネルギーや運命を紐解いていきます。
■四柱推命の十干って何?
十干とは、甲(こう/きのえ)、乙(おつ/きのと)、丙(へい/ひのえ)、丁(てい/ひのと)、戊(ぼ/つちのえ)、己(き/つちのと)、庚(こう/かのえ)、辛(しん/かのと)、壬(じん/みずのえ)、癸(き/みずのと)の十種で、【木、火、土、金、水】からなる「五行を兄(え)・弟(と))」に分けたものです。

四柱推命の命式では、生まれた年の十干【年柱天干(ねんちゅうてんかん)】、生まれた月の十干【月柱天干(げっちゅうてんかん)】、生まれた日の十干【日柱天干(にっちゅうてんかん)】、生まれた時間の天干【時柱天干(じちゅうてんかん)】をそれぞれ割り出し、それぞれの十干や陰陽五行などの性質やバランスからの人間の素質や運勢を紐解いていきます。

十干 五行 陰陽 意味

(きのえ)
陽○ 樹木や森林などを表す。人情味が厚く、信頼を得てリーダーシップを発揮する。曲がった事が嫌い。活発。積極的。地位。名誉。忍耐力。

(きのと)
陰● 草や花などを表す。優しく温和な性質だがたくましい。専門的な能力や芸に秀でている。仲間と共に行動する。理想主義。消極的。粘り強い。

(ひのえ)
陽○ 太陽を表す。派手好きで目立ちたがり。明るい性格でさっぱりしている。権力欲・金銭欲が旺盛。楽観的。根性がある。多弁。

(ひのと)
陰● 電灯や蝋燭の灯などを表す。繊細で細かい事に良く気付く。頭の回転が良い。控えめで温厚。冷静。苦労性。理性的。慎重。参謀。

(つちのえ)
陽○ 山や丘などを表す。圧倒的な存在感と包容力があり面倒見が良い。臨機応変。説得。決断。自信家。信仰心。派手。

(つちのと)
陰● 田畑を表す。人を育てる能力に長ける。義理人情に厚い。庶民的な感性。広く浅い情報収集。臆病。神経質。勉強家。

(かのえ)
陽○ 硬い金属や刀などを表す。常に行動してないと気が済まない。信念を貫く強さを持つ。敏腕。自信家。感受性豊か。スピード感。

(かのと)
陰● 宝石を表す。繊細で美意識が高い。我が道を行く。感情にムラがある。努力家。辛抱強い。凝り性。傷つきやすい。

(みずのえ)
陽○ 海や大河などを表す。先見の明がある。向上心が高く努力家。カリスマ性。束縛を嫌う。情熱的。決断力。策略家。色情。

(みずのと)
陰● 雨や湧き水などを表す。勉強好きで知識が豊富。平和主義。慎重で失敗が少ない。秘めた闘争心。地道な努力。一貫性に欠ける。
■四柱推命の十二支って何?
十二支とは、暦で子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)のことを指し、月や時刻、方角、季節を表す時に用いられる十二種類の要素です。

また、四柱推命の命式では、生まれた年の十二支を【年柱地支(ねんちゅうちし)】、生まれた月の十二支を【月柱地支(げっちゅうちし)】、生まれた日の十二支を【日柱地支(にっちゅうちし)】、生まれた時間の十二支を【時柱地支(じちゅうちし)】呼び、十干・十二支の要素から人間や運命にまつわる様々なことを読み解きます。

十二支に対応する月・時刻・季節・方角
・時刻を表す十二支とは?

23時~01時⇒子|01時~03時⇒丑
03時~05時⇒寅|05時~07時⇒卯
07時~09時⇒辰|09時~11時⇒巳
11時~13時⇒午|13時~15時⇒未
15時~17時⇒申|17時~19時⇒酉
19時~21時⇒戌|21時~23時⇒亥

・季節を表す十二支とは?

春⇒寅、卯、辰(春土用)
夏⇒巳、午、未(夏土用)
秋⇒申、酉、戌(秋土用)
冬⇒亥、子、丑(冬土用)

・方角を表す十二支とは?

北⇒子、東⇒卯、午⇒南、酉⇒西

◎十二支の陰陽五行分類と象意

十二支もそれぞれに意味があり、十干同様、陰陽と五行に分類することができます。以下に十二支に対応する陰陽五行と、各十二支が持つ象意を記載しています。

十二支 五行 陰陽 意味

(ね)
陽○ 種が土の中で水を吸収している状態。滋、順応性、冷静、博愛精神など。

(うし)
陰● 土から芽が出始めた状態。紐、保守性、忍耐力、義理、堅実など。

(とら)
陽○ 木が成長し伸びている状態。演、積極性、向上心、決断力、義侠心など。

(う)
陰● 木が生茂っている状態。冒、協調性、社交性、計画力、快活など。

(たつ)
陽○ 木が最後まで成長しきった状態。震、信頼性、闘争心、安定、忍耐など。

(み)
陰● 木の一部が枯れ成長が止まった状態。已、追求、華美性、顕示力など。

(うま)
陽○ 花が実になっている状態。忤、直感力、優雅、冒険心、開拓精神など。

(ひつじ)
陰● 実が熟成している状態。昧、理論性、推進力、平和主義、温厚など。

(さる)
陽○ 実が完全に熟成した状態。伸、勇敢、活動性、計算力、機敏など。

(とり)
陰● 熟した実が縮み発酵している状態。酒、奉仕、感受性、思考力など。

(いぬ)
陽○ 葉や実が土に落ち枯れた状態。戊、持久力、安定性、執念、決意など。

(い)
陰● 花の実が種になり土の中にある状態。核、流動性、純粋、表現力など。
四柱推命の蔵干とは?
四柱推命における蔵干(ぞうかん)とは、地支の中に内蔵されている「干」のことをいいます。蔵干は天の気を示す天干(てんかん)と、天のエネルギーを受けて万物を生じる地の気を示す地支(ちし)との間のエネルギーを意味したものです。つまり、天と地の間に生きる人間(生物)を象徴していると言えます。

また、蔵干は季節によって変化する「気」であり、【本気・中気・余気】といった3つの気が存在します。地支によっては中気をもたないものがあるため、1つの地支の中に蔵干は2つもしくは3つ内蔵されていることになります。

・余気について
余気は前月の余波を引き継いだエネルギーで、蔵干の最初の干のこと。一般的に、節入り後からおよそ7日~10日までに生まれた日によって定める干です。
・中気について
余気と本気の間の期間のエネルギーで、中間を意味する干のこと。地支によって期間は異なりますが、中気は節入り日から生まれた日までの日数が8日~20日までの間で定められている干です。
・本気について
本気は蔵干の終わりを意味する干のこと。地支の中に内蔵する蔵干の中で最も強いエネルギーを持っていることもあり本気もしくは正気と呼ばれることまります。本気を取る期間は該当の地支の中気以降(中気がない場合は余気以降)から次の節入りまでの日数で定められます。
四柱推命における六十干支とは?
六十干支は、10種類からなる十干(じっかん)と12種類からなる十二支(じゅうにし)を組み合わせた60種類の要素のことを言います。

六十干支は、十干である甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類と、十二支である子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類の要素のうち、最初の十干「甲」と十二支「子」を組み合わせた『甲子(きのえね)』からスタートします。そこから『乙丑(きのとうし)』『丙寅(ひのえとら)』『辛卯(ひのとう)』『戊辰(つちのえたつ)』…と順番に続き、最後の60番目に来る『癸亥(みずのとい)』で一巡して還暦となります。

No 六十干支 五行 象徴する状態
1 甲子(きのえね) 真冬に育つ大樹
2 乙丑(きのとうし) 冬の湿地に咲く草花
3 丙寅(ひのえとら) 初春の森を照らす太陽
4 丁卯(ひのとう) 春に燃える草花
5 戊辰(つちのえたつ) 広大な春の山岳
6 己巳(つちのとみ) 夏の乾いた大地
7 庚午(かのえうま) 火に溶けた溶岩
8 辛未(かのとひつじ) 硬い土に埋まった宝石
9 壬申(みずのえさる) 初秋の大海
10 癸酉(みずのととり) 秋に降る雨
11 甲戌(きのえいぬ) 晩秋の大木
12 乙亥(きのとい) 初冬の水面漂う浮き草
13 丙子(ひのえね) 真冬の水面を照らす太陽
14 丁丑(ひのとうし) 冬の終わりを照らす月
15 戊寅(つちのえとら) 夜明け前の初春の丘
16 己卯(つちのとう) 春の田園
17 庚辰(かのえたつ) 春の土の中の金
18 辛巳(かのとみ) 初夏の光を受ける宝石
19 壬午(みずのえうま) 太陽が照らす真夏の海
20 癸未(みずのとひつじ) 夏の終わりに降る雨
21 甲申(きのえさる) 初秋に使う材木
22 乙酉(きのととり) 中秋の生け花
23 丙戌(ひのえいぬ) 晩秋の沈む夕日
24 丁亥(ひのとい) 初冬の篭灯
25 戊子(つちのえね) 雪がかかった真冬の山
26 己丑(つちのとうし) 冬の終わりの田畑
27 庚寅(かのえとら) 春の岩場
28 辛卯(かのとう) 中春の花を飾る花瓶
29 壬辰(みずのえたつ) 雲が浮かぶ晩秋の海
30 癸巳(みずのとみ) 初夏に降るにわか雨
31 甲午(きのえうま) 真夏の熱を浴びた樹木
32 乙未(きのとひつじ) 夏の終わりの蔓草
33 丙申(ひのえさる) 初秋の美しい夕陽
34 丁酉(ひのととり) 中秋の灯火
35 戊戌(つちのえいぬ) 晩秋の大山
36 己亥(つちのとい) 初冬の湿った泥地
37 庚子(かのえね) 冬の海に浮かぶ船
38 辛丑(かのとうし) 冬の土壌にある貴石
39 壬寅(みずのえとら) 初春の大海
40 癸卯(みずのとう) 春の草花に降る雨
41 甲辰(きのえたつ) 晩春の花木
42 乙巳(きのとみ) 色鮮やかに咲く初夏の花
43 丙午(ひのえうま) 真夏に燃える太陽
44 丁未(ひのとひつじ) 砂漠を照らす月明り
45 戊申(つちのえさる) 初秋の険しい岩山
46 己酉(つちのととり) 中秋の開墾された田園
47 庚戌(かのえいぬ) 晩秋の鉄鋼
48 辛亥(かのとい) 冬の湖に眠る宝石
49 壬子(みずのえね) 真冬の大海
50 癸丑(みずのとうし) 晩冬の流れる小川
51 甲寅(きのえとら) 初春の実になる果樹
52 乙卯(きのとう) 中春の綺麗な花畑
53 丙辰(ひのえたつ) 晩春に輝く太陽
54 丁巳(ひのとみ) 夏に燃え盛る炎
55 戊午(つちのえうま) 真夏の山岳
56 己未(つちのとひつじ) 晩夏の田園
57 庚申(かのえさる) 初秋の鋭い名刀
58 辛酉(かのととり) 中秋の宝石
59 壬戌(みずのえいぬ) 晩秋の大きな湖
60 癸亥(みずのとい) 初冬に降る大雨
四柱推命の通変星とは?
通変星は、比肩(ひけん)、劫財(ごうざい)、食神(しょくじん)、傷官(しょうかん)、偏財(へんざい)、正財(せいざい)、偏官(へんかん)、正官(せいかん)、偏印(へんいん)、印綬(いんじゅ)の十種類からなる星です。通変星は四柱推命において、その人の性格や適性、運命などを判断する上で重要な星とされており、命式で算出したある十干とある十干が陰陽五行説の相生(そうじょう)・相剋(そうこく)・比和(ひわ)のうち、どの関係を作っているのかによって判別していきます。
・四柱推命の通変星はどうやって出すことができる?
通変星の出し方は、命式の日干(日柱天干)を元にして、これと別の柱の天干、または各柱の地支蔵干と照らし合わせることによって導くことができます。また、通変星を参照する際、非常に重要とされているのが「月柱蔵干通変星(月支元命などとも呼ばれる)」で、これは命式の“日柱天干と月柱地支の蔵干”との関係性から通変星を割り出します。
【比肩(ひけん)】
日干と陰陽が同一で、五行も同一(比和)の関係
例:日干が甲(陽の木)で、対する十干も甲(陽の木)
例:日干が癸(陰の水)で、対する十干も癸(陰の水)など
◎通変星が比肩の人の特徴
独立と自尊の星。意志が強い。頑張り屋。リーダーシップを取る。協調性にはやや欠ける。他の人のはない強い「自我」を持つ。
【劫財(ごうざい)】
日干と陰陽が異なり、五行が同一(比和)の関係
例:日干が庚(陽の金)で、対する十干が辛(陰の金)
例:日干が己(陰の土)で、対する十干が戊(陽の土)など
◎通変星が劫財の人の特徴
意地と努力の星。相手に合わせて臨機応変に立ち回る。意思が強く、行動的な外交家。ロマンチスト。お人よし過ぎる面もある。
【食神(しょくじん)】
日干と陰陽が同一で、五行が日干から生じる(相生)関係
例:日干が甲(陽の木)で、対する十干が丙(陽の火)
例:日干が乙(陰の木)で、対する十干が丁(陰の火)など
◎通変星が食神の人の特徴
快楽と食運の星。おおらかで楽天的。食べることに困らない。芸術などへの理解、関心が高い。趣味も多彩、美的感覚に優れている。
【傷官(しょうかん)】
日干と陰陽が異なり、五行が日干から生じる(相生)関係
例:日干が丙(陽の火)で、対する十干が己(陰の土)
例:日干が丁(陰の火)で、対する十干が戊(陽の土)など
◎通変星が傷官の人の特徴
型破りで聡明、直感力の星。頭がよく先見の明に優れる。感受性が豊。プライドが高く高慢になりやすい。反抗心旺盛。
【偏財(へんざい)】
日干と陰陽が同一で、五行が日干から剋される(相剋)関係
例:日干が戊(陽の土)で、対する十干が壬(陽の水)
例:日干が己(陰の土)で、対する十干が癸(陰の水)など
◎通変星が偏財の人の特徴
多趣味多才の星。サービス精神旺盛な社交家。誰とでも仲良くできる。話題が豊富なため、人に慕われる。奉仕精神が強い。
【正財(せいざい)】
日干と陰陽が異なり、五行が日干から剋される(相剋)関係
例:日干が庚(陽の金)で、対する十干が乙(陰の木)
例:日干が辛(陰の金)で、対する十干が甲(陽の木)など
◎通変星が正財の人の特徴
着実と正直の星。真面目で几帳面。誠実で正義感が強い。倹約家であり蓄財心にも富んでいる。忍耐強くコツコツと成果を出す。
【偏官(へんかん)】
日干と陰陽が同一で、五行が日干を剋する(相剋)関係
例:日干が壬(陽の水)で、対する十干が戊(陽の土)
例:日干が癸(陰の水)で、対する十干が己(陰の木)など
◎通変星が偏官の人の特徴
野生と頭脳の星。豪気で義侠心にあふれた親分肌。チャレンジ精神が旺盛。自信家で強者とは徹底的に争う。母性父性が強く人情的。
【正官(せいかん)】
日干と陰陽が異なり、五行が日干を剋する(相剋)関係
例:日干が甲(陽の木)で、対する十干が辛(陰の金)
例:日干が乙(陰の木)で、対する十干が庚(陽の金)など
◎通変星が正官の人の特徴
信用と気品の星。生真面目で誠実な性格。地位や名誉を重視。几帳面すぎてやや融通性に欠ける。責任感や自尊心が強い。
【偏印(へんいん)】
日干と陰陽が同一で、五行が日干を生じる(相生)関係
例:日干が丙(陽の火)で、対する十干が甲(陽の木)
例:日干が丁(陰の火)で、対する十干が乙(陰の木)など
◎通変星が偏印の人の特徴
情熱と発想の星。熱しやすく冷めやすい。型破りの才能を持つ芸術家。頭の回転が速く、臨機応変。鋭い観察眼を持つ。
【印綬(いんじゅ)】
日干と陰陽が異なり、五行が日干を生じる(相生)関係
例:日干が戊(陽の土)で、対する十干が丁(陰の火)
例:日干が己(陰の土)で、対する十干が丙(陽の火)など
◎通変星が印綬の人の特徴
学問と名誉の星。頭脳明晰。冷静でクールな学者肌。自己中心的になりやすい。研究熱心な勉強家。知的好奇心が強い。
こちらの四柱推命では、あなたの生年月日から細密な命式を作成し、
さらに詳しくあなたの性格や運勢を無料で鑑定します。
↓↓↓↓↓

四柱推命の十二運とは?
四柱推命の十二運(じゅうにうん)とは、長生(ちょうせい)・沐浴(もくよく)・冠帯(かんたい)・建禄(けんろく)・帝旺(ていおう)・衰(すい)・病(びょう)・死(し)・墓(ぼ)・絶(ぜつ)・胎(たい)・養(よう)からなる十二種類の要素です。十二運は十二運星とも呼ばれ、十干と地支の関係の盛衰などをあらわす星です。十二運の名称は人の運勢エネルギーの強弱や盛衰を人間の成長過程にたとえて名付けられています。
四柱推命の十二運が持つ意味は?
十二運は「人の一生の盛衰」をあらわしており、それぞれに運勢の強弱や意味合いが異なります。「胎」母体に生命が宿る状態、「養」胎内で養われている状態、「長生」赤ちゃんが誕生し産声を上げた状態、「沐浴」産湯を使っている状態、「冠帯」成人「建禄」では社会で力を発揮し、「帝旺」成功の頂点を迎え「衰」引退・身体の衰えを示し、「病」病床にいる状態「死」逝去した状態「墓」は墓に埋葬されている状態、そして「絶」肉体が土に還り絶無になった状態をあらわし、四柱推命ではこれらを運勢の盛衰を図る指標として見ていきます。
十二運勢 運勢の盛衰 特徴・キーワード
中勢 一人の時間を好む。自己流を確立している。自分しかできない事でTOPを目指す。
中勢 無理なく自然体。きめ細かい着眼点を持つ。実家と縁が薄い。忍耐力がある。
長生 強勢 愛嬌があり無邪気。瞬間的な勝負強さがある。何でも器用にこなす。
沐浴 中勢 好奇心旺盛で成功願望や競争心が強い。熱しやすく冷めやすい。瞬発力がある。
冠帯 強勢 上昇志向を持つリーダー気質。話し合いが好き。正義感が強く不正を許さない。
建禄 強勢 責任感が強い。統率者気質。実行力がありナンバーワンを目指す。
帝旺 強勢 自由・平等を求める博愛主義。面倒見が良い。バランス感覚に優れる。
弱勢 誰とでも上手に合わせられるムードメーカー。慎重で保守的。伝統を好む。
弱勢 神経質。多趣味。サービス精神が旺盛。損得勘定に長ける。想像力が豊か。
弱勢 プロ・職人気質。努力をして成果を出す。好き嫌いがハッキリしている。
中勢 情報収集能力が高い。協調性・社交性があり人との縁を広げていく。
弱勢 感情の落差が激しい。豊かな感性を持つ。天才肌。束縛を嫌い自由を愛する。
四柱推命における五行の相生・相剋とは?
四柱推命における五行の相生(そうじょう)とは、木・火・土・金・水の要素の中で【木→火】、【火→土】、【土→金】、【金→水】、【水→木】の関係性で、互いの五行が助け合う(生かす)ことをいいます。また、五行の相剋(そうこく)とは、『木⇒土』、『土⇒水』、『水⇒火』、『火⇒金』、『金⇒木』の関係性で、互いの五行を傷つける(剋つ)ことをいいます。
◎五行の相生関係
木→火:木は燃えて火を生む
火→土:火が燃えつき灰は土に還る
土→金:土を掘って金を得る
金→水:金は溶けて液体(水)になる
水→木:水は木を育てる
◎五行の相剋関係
木→土:木は土から養分を吸い取る
土→水:土は水を汚しせき止める
水→火:水は火を打ち消す
火→金:火は金属を溶かす
金→木:金は木を切り倒す
四柱推命の用神とは?
四柱推命の用神(ようじん)とは、“用=必要”な“神=星”という考えで、自分の命式全体のバランスを整え、良好な状態にするために必要な五行、または通変星のことを言います。用神には扶抑用神、調候用神、病薬用神、通関用神、専旺用神という全部で5種類のものがあります。これらは格局(命式をタイプ別に分類したもの)によって用いるものが決まってくるのですが、それらをまとめて大きく分類すると扶抑用神と調候用神の2種類になります。
◆用心の種類と意味について
扶抑(ふよく)用神
命式の中の五行のバランスが偏らないように、弱い日干を扶(たす)けて、強い日干を抑(おさ)える働きをする用神のことをいいます。
調候(ちょうこう)用神
調候とは“気候(季節)との調和を図る”という意味で、日干がどの季節(月支)に生まれたのたかを調べ、命式における気候のバランスを整え、四季を中和させるものが調候用神となります。
※例えば、夏の暑い命式の場合は水気が必要のため「水の五行を含む十干(壬・癸)」が用神となる。逆に、冬の寒い命式の場合は火気が必要のため「火の五行を含む十干(丙・丁)」が用神となる、など。
病薬(びょうやく)用神
病薬の「病」は命式における欠陥のことを表し、病となり氾濫する干支や五行を抑える用神のことを言います。
通関(つうかん)用神
命式の中の日干を剋する五行の力を減少させ、剋されている日干に力を与えるもので、両者の間に挟まれている中間の五行(両者が木と土の場合、間にある火)を取ることをいいます。
專旺(せんおう)用神
命式の中でエネルギーが最も高く、非常に強い五行自体のことを專旺用神といいます。
四柱推命の身旺・身弱とは?
四柱推命の身旺・身弱における「身」とは「自分=日干」を指しています。つまり、自分の命式で日干を強める十干十二支が多い状態が『身旺(身強)』、逆に日干を弱める十干十二支が多い状態が『身弱』となります。また、身旺でも身弱でもない状態の場合を『身中(中和)』と呼びます。

身旺と身弱はそれぞれ段階があり、身旺よりもさらにエネルギーが強い状態を「極身強」身弱よりもさらにエネルギーが弱い状態を「極身弱」といい、身旺・身弱のそれぞれの特徴や性質が更に強くあらわれます。

旺衰 キーワード・表れやすい特徴
身旺 先天的に持った運気のエネルギーが強く、各五行や日干の性質が強く表れやすい。活動的。能動的。独立。発展。改革。変化。向上心があり人に優しい。人生に目的意識がある。意志のある状態。自身のエネルギーが強い。気力や体力が充実している。リーダーシップを取れる力量を持つ。自分の考えが正しいと感じ、他を受け入れ辛い。命令されることに素直に従うことができない。頑固、我が強い。
身中 安定した中庸のエネルギー。身旺・身弱の中間または混在している状態。バランスよく五行や日干の各性質が発揮されやすい。共存。中和。安定。並行。平穏。穏和。日干や各五行の長所的要素がバランスよく表れる。
身弱 先天的に持った運気のエネルギーが弱く、日干や各五行の性質が薄く表れやすい。受動的。守勢。受容。維持。依存。不変。安定。内心は臆病でありながら、周囲からは弱そうに見えない。反発心が強い一方で、打たれ弱い。集団の中で自分の立場を大切にする人生の生き方。求められたことを素直に受け入れられる。気力、体力が少ない。単独開運よりも何かに従属して開運する傾向が強い。協調性がある。自我や自己主張が薄い。

あなたにおすすめの占い

あなたにおすすめの記事