「陰陽五行」の意味や「陰陽説」と「五行説」をわかりやすく解説
(c)Telsys Network CO.,LTD.

「陰陽五行」という言葉、みなさんは聞いたことはありますか?

アニメや漫画、東洋の占いが好きな人なら聞いたことがあるかもしれませんね。

この「陰陽五行」、何だか難しいイメージがありますが、実は私たちの文化や思想にとても大きな影響を与えているんです。

たとえば『占いの帝王』と呼ばれる【四柱推命】も、この原典は「陰陽五行説」であると言われていますし、漢方や薬膳の基本も、陰陽五行が基本となっているとのこと。

このように「陰陽五行」は私たちの日常に深く根づいています。

今回はこの「陰陽五行」について、わかりやすく解説していきましょう。

そもそも「陰陽五行」とは?

陰陽五行の読み方は「いんようごぎょう」。

紀元前の中国の春秋戦国時代に生まれた自然哲学の思想です。

「自然哲学」というと何だか難しそうですが、簡単にまとめると…

「この世のすべては木・火・土・金・水の五元素に由来されており、五行が循環し互いに影響し合っている」とされており、木・火・土・金・水が「五行説」の基本になっています。

また、自然界に存在する物質は「陽と陰」に分かれて存在しているというのが「陰陽説」。

先ほどの五行を陰陽に分類すると、木・火は陽に、金・水は陰に、土は中間にある、と言われています。

つまり、「陰陽五行」とは、「陰陽説」と「五行説」の2つを組み合わせたものなのです。

古来の人々は、この思想に基づいて考えることで、森羅万象や宇宙に存在する「すべてのもの」について説明できるとされました。

「陰陽説」とは?

(c)iStock

「陰陽説」とは、自然界にあるすべての物質は「陰」と「陽」の相反する2つの要素から成立するという思想です。

たとえば、「陰」とは、暗い、動きがない、柔らかい、冷たい、など。静かで受動的な状態が「陰」の性質とされています。

また「陽」は、明るい、硬い、暖かい、など。外側に放出される能動的な状態が「陽」の性質として分類されています。

自然界のものでたとえると、暗、冬、夜などは「陰」に分類され、明、夏、昼などは「陽」と分類できますね。

何となく「陽」の方が明るくて活発で良さそうなイメージがありますが、どちらが良いとか優れているということはありません。

朝がくれば夜もくるように、互いに必要で循環しているもの。

「陰」と「陽」の要素は、どちらかに傾くことなく、お互いの過不足を補いながら最適なバランスを保っているのです。

「五行説」とは?

(c)Telsys Network CO.,LTD.

「五行説」とは、地球上の森羅万象は、「木・火・土・金・水」の5つの要素に分類できるという思想です。

5つの要素である「木・火・土・金・水」は、何かが突出することなく、お互いの性質を助け合ったり、打ち消し合ったりしながら、バランスを保っていると考えられています。

五行のイメージを簡単に分類すると…

「木」は木と同じく、自然のもの、草花や木など成長するもの、東の方角

「火」は火のように明るく輝く、熱さ、形のないもの、南の方角

「土」は地面のように万物を育む源、状況によって形が変化するもの、自分がいる場所、中心

「金」は本当の金ではなく、石や宝石のイメージです。硬く凝縮されたエネルギー、西の方角

「水」は水のように生物に欠かせないもの、温度によって氷や水蒸気に形が変わるとか、北の方角

を指しています。

「陰陽五行」の相生・相剋について

「木・火・土・金・水」の5つの要素から成り立っていると考えられる「五行説」には、良い影響を与える「相生(そうしょう)」と、悪い影響を与える「相剋(そうこく)」という関係があると考えられています。

詳しく説明すると、

・「相生」(そうしょう)とは、相手を助けたり生み出したりする関係。(上図の赤色の矢印)

たとえば火が燃えるためには木が必要ですよね。

また火が燃え尽きると灰(土)が生まれるなど、片方が片方に力を与えたり、調和が取れたりする関係が「相生」です。

・「相剋」(そうこく)とは、相手を傷つけたり、反発したりする関係。(上図の灰色の矢印)

たとえば火に水をかけると消えてしまったり、刃物(金)が木を切り倒してしまったりなど、能力や性質を打ち消してしまう関係が「相剋」です。

このように組み合わせによっては性質が強くなったり弱められたりするのです。

日本の風習にも影響を与える「陰陽五行」

「陰陽五行」の思想の影響は、今も日本の風習の中にたくさん存在しています。

たとえば1月7日の「七草の節句」、3月3日の「桃の節句」、5月5日の「端午の節句」、7月7日の「七夕の節句」、9月9日の「重陽の節句」。

これらは日本の季節を彩る行事ですが、もともとは「五節句」と呼ばれる「陰陽五行」に基づく季節の習慣が由来です。

また、お気づきかと思いますが、五節句はすべて陽の数である「奇数」に行われます。

ちなみに「11月がない」と思われる方もいるかもしれませんが、11月には「七五三」が行われますね。

実は「七五三」も、「陰陽説」からの風習です。

陽の奇数である11月15日は「陰陽説」によると「何事をするにも吉の日」とされており、子供の健やかな成長をお祝いする「七五三」の日として親しまれているのです。

「陰陽五行」は『四柱推命』の原典

この世のすべてのものは「木・火・土・金・水」と、「陰」と「陽」があるという「陰陽五行説」について説明いたしました。

実はこの「陰陽五行」は、『占いの帝王』と呼ばれる「四柱推命」の原典でもあります。

【四柱推命】とは、十干の組み合わせをもとに、その人の性質や状況、物事の流れを占う方法です。

「十干」は、五行の性質が陽と陰に分けられ、それぞれが【四柱推命】の「十干」と同じ意味を持ち、

「木」は甲(きのえ)・乙(きのと)

「火」は丙(ひのえ)・丁(ひのと)

「土」は戊(つちのえ)・己(つちのと)

「金」は庚(かのえ)・辛(かのと)

「水」は壬(みずのえ)・癸(みずのと)

というように、10分類されたものが「十干」と呼ばれています。

▼「十干」の意味が知りたい方はコチラ▼

▼四柱推命を占いたい方はコチラ▼

超細密計算で当たる『四柱推命』。的中率の高さから“占いの帝王”とも呼ばれる古代中国発祥の鑑定法です。あなたの基本性格や運勢傾向、力を発揮しやすい天職、人生100年で見るあなたの未来までわかります。

■鑑定項目
  • 四柱推命で占うあなたが生まれ持った性格と生き方
  • あなたの思考・行動パターンと、運勢傾向
  • 仕事で実力を発揮しやすいあなたの「天職」と「職場環境」
  • 次、あなたに幸運をもたらす日
  • 【大運】人生100年で見る“今あなたが迎えている時期”
あなたについて教えて下さい
・生年月日

・出生時刻

・出生地

・性別


テレシスネットワーク株式会社は、ご入力いただいた情報を、占いサービスを提供するためにのみ使用し、情報の蓄積を行ったり、他の目的で使用することはありません。
ご利用の際は、当社個人情報保護方針とうらなえるの利用規約に同意の上、必要情報をご入力ください。

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの占い

▼人気占い師があなたの人生を詳しく占う!▼

「突然ですが占ってもいいですか?」
人気占い師・木下レオン無料占い

TV絶賛の当たる占いを今すぐ体験!
Love Me Doが占う、あなたの未来

日本一当たると話題の誕生日占い!
水晶玉子が占う、あなたの人生

鏡リュウジ当たる無料占い
あなたの人生、未来を占うと…

Keikoが占う、あなたの人生
生まれた日から月星座を調べる