子年(ねずみどし)の意味|子生まれの性格・年齢・特徴・相性
(c)Telsys Network CO.,LTD.

年末年始が来ると「来年は何年かな」と考え、「誕生日いつ?」という感覚で「何年生まれ?」と聞いてしまうなど、私たちの生活には十二支がとても深く入り込んでいます。

十二支は四柱推命など占いでも用いられる、とても重要な要素でもあります。

自分が生まれ持った運勢や性格を知るためにも、誰かとの相性を知るためにも、そして人間関係をスムーズにいかせるコツを知るためにも、それぞれの十二支が持つ運勢や性格、そして干支同士の相性について知っておくととても便利です。

本日は12ある中の「子年」について、その歴史や成り立ち、子年の人の性格や特徴、恋愛運、仕事運から、ほかの干支との相性などを分かりやすく丁寧に解説していきます。

子年(ねずみどし)の意味や歴史は?

子年から始まる十二支は、江戸時代に中国から日本に入ってきたもので、親しみやすくするために身近な動物を当てはめたのが始まりです。

子年が最初になった理由でよく知られているのは、神様が動物たちにどれだけ早く集まることができるかを競わせたというお話です。

自分の足が遅いと分かっている牛は、前の日からゆっくり歩いて行こうと決めていたのですが、その背中にこっそり乗っていたのがネズミでした。

そして牛が一番で神様の門をくぐろうとした時に、ネズミがその背中からぴょんと飛び降りて1番になったのです。

そのため、子年にはずるいイメージもありますが、自分がどうしたら1番になれるかをしっかり考えて行動しているため、頭が良いとも言えますね。

子年(ねずみどし)の年齢と生まれ年は?

2020年(3歳)、2008年(15歳)、1986年(27歳)、1972年(51歳)、1960年(63歳)、1948年(75歳)、1936年(87歳)、1924年(99歳)

子年(ねずみどし)の性格や特徴

子年生まれの性格や特徴を分かりやすくピックアップしていきます。

好奇心旺盛

情報収集力が高いため、色んなことが気になり、あれもこれも全部チャレンジしたくなります。

他の人よりも先にやってしまおう、という気持ちも働くため、何でもさっさとこなしてしまいます。

ただし、チャレンジしたいことに対してハードルが高いと感じると、途端に足がすくんでしまい、諦めてしまうこともあります。

頭の回転と行動が早い

頭が良く「これをこうしたらもっと良くなるかも」とどんどんアイデアが出てきます。

思い立ったらすぐ行動するフットワークの軽さも魅力です。

「もう終わったの?」と周りに驚かれるくらい、必要なことはさっさと終わらせて結果を出してしまいます。

お金を貯めるのが得意

損得勘定が得意でお金が好きなので、コツコツと貯め込み大きな財産を築くこともあります。ただ、恋愛が絡むとなぜがお金がどんどん出ていってしまうことが多くあります。

せっかく貯めたお金を相手に貢いでしまったり、異性に対して見栄を張って散財してしまったりしないように注意が必要です。

我慢が苦手で諦めが早い

何でも手早く終わらせたいため、待ったり、我慢したりするのが苦手です。そのため、順番を守れなかったりして周囲からひんしゅくを買うこともしばしば。

また、粘り強く努力するのも我慢と同様に苦手なため、諦めが早く、ダメだと思ったらさっと手を引いてしまうことが多いです。

子年(ねずみどし)の女性と男性

子年生まれの男性は、人のことをしっかり考えて行動する優しい人が多いです。相手が何を考えているかをしっかりくみ取り、そこに寄り添うことが得意です。

また、真面目でコツコツ努力できるので、仕事でも成功することが多く、貯蓄も上手です。

やや慎重すぎて強気に出られないところがあるため、土壇場に弱いところが気になりますが、人に愛される性質であるため、困ったら周囲が上手にサポートしてくれます。

子年生まれの女性は、素直で人当りが良く、とても柔らかい雰囲気を持っている人が多いです。

その素直さゆえに、人からのアドバイスなどもしっかり聞くため、成功を手にしやすいです。また、年齢問わず愛され、人に恵まれます。

とても我慢強くストレスなどを表に出すことが苦手なので、溜め込みすぎて時に大爆発してしまうこともあり、周りを驚かせてしまいます。

ただ、普段はとても穏やかだからこそ、「我慢させてごめんね」と相手が反省してくれやすいです。

子年(ねずみどし)生まれの人の恋愛傾向

子年生まれは、恋愛に対してとても慎重派なところがあります。

見た目は華やかで目立つ人が多いため、恋愛対象にされることも多く、自分から動かなくても勝手に異性がアプローチしてくれる得なところがあります。

当然ながら、良くないタイプも寄ってはくるのですが、ガードが固く誰彼簡単に信用することがないため、トラブルには巻き込まれにくいです。

反面、「とっつきにくい」「隙がなさすぎる」と思われて、恋愛のチャンスを逃すこともあります。

恋愛に進展するには時間がかかりますが、一度好きになると相手に対して一途な愛を注ぎます。

時に度が過ぎて相手を束縛したり、嫉妬しすぎたりすることがあるので、その点だけ注意が必要です。

子年(ねずみどし)生まれの人の仕事・金運

子生まれは、仕事においてはかなり野心が強いタイプです。

誰とも戦わないような顔をしつつ、おなかの中では周りからどうやって抜きんでるか、他よりも高い地位に立つにはどうしたらいいか考えています。

人当りが良いため、営業などで力を発揮し、あっという間に成績を上げていくことも多々ありますし、人からの引き立てを得るの得意です。

そして、子年生まれの金運は、実は十二支中ナンバーワンと言われます。

本来貯蓄も得意なので、お金に困ることはありません。

ただ、見栄っ張りなところがあるので、自分の好きな人に好かれようとしてついつい貢いでしまうこともあります。

そのため、常に浪費をしすぎないように意識すれば安泰です。

子年(ねずみどし)と相性のいい干支は?

子年と相性の良い干支……それは「丑年」と「辰年」そして「申年」です。

まずは丑年まれの人はまさに牛のごとくのんびりマイペースですが、目標に向かって地道に頑張り続けていくことがとても得意です。

何に対しても努力惜しむことがありませんし、粘り強さがあります。子年の人もコツコツ実績や努力を積み上げるタイプなので、その点については親近感が湧きますし、

お互いの考え方が理解し合えるために、一緒にいる相手としてはとても相性が良いのです。

次に辰年生まれの人は面倒見が良いリーダー気質であるため、子年が困った時や弱気になった時に相談すると、ぐいぐいリードし、正しい方向へ導いてくれます。何でも諦めがちな子年の

強い味方になってくれる、ベストな相談相手と言えるでしょう。

また、負けず嫌いな辰年といると、相手よりなんでも先んじたいと思っている子年の人はうまく触発されるため、お互いに伸ばし合うこともできるので、良き仲間であり、良きライバルとなります。

最後に申年生まれの人は、好奇心が旺盛で人当りが良いところが子年の人と似ているため、お互いの性質を比較的簡単に理解し合うことができます。

そのため、何にしても話が早いですし、同じ方向を向いて何かに向かっていくこともしやすい相性です。

また、お互いイマイチ根気が続かないのですが、その気持ちがよく分かるため、互いに励まし合い一緒の目標に向かって、最後まで頑張ることができます。

子年(ねずみどし)と相性の良くない干支は?

子年と相性イマイチという干支は、「午年」と「卯年」そして「酉年」の生まれの人です。

午年生まれの人は行動力があり、チャレンジャーという点では子年と似ているのですが、子年にはない打たれ強さがあります。

そのため、出だしは一緒でも次第に考え方や行動にずれが生じてくる相性と言えます。また、野心家で相手を出し抜きたい子年と、プライドの高く負けず嫌いな牛年はどうしてもかみ合わなくなりやすいのです。

卯年生まれの人は、子年と同様に人当りが良く温厚なのですが、子年に比べると気持ちをぐっと抑え込んで嫌なことがあってもニコニコしていたりするので、何を考えているのか分からなくて嫌な気分になることが多いようです。

卯年からしても素直すぎる子年に対して不快な感情を抱くことが多いため、同じ空間にいるだけで何となく居心地の悪さを感じたり、互いにイライラしやすい相性です。

酉年生まれの人は何においても一歩引いて冷静に見て、じっくり考えてから行動するタイプなので、思い立ったらすぐに動こうとする子年とはどうしてもペースが合いません。

また、こだわりが強くこれがいいと決めたら絶対に妥協せずに想いを貫き通そうとするため、ある程度相手と合わせようとする子年が我慢させられることが多く、衝突することになりやすいでしょう。

まとめ

ここまで、子年生まれが生まれ持っている運勢やその特徴、恋愛傾向から相性の良い干支、イマイチな干支などについて詳しく述べてきました。

自分の個性や長所、短所を客観的に知っておくと、人付き合いもしやすくなります。

また、相性の良い相手を知っておくことで、自分がピンチに陥った時には誰に相談したらいいかも良く分かりますね。

相性が良くない人を知っておくと、衝突が少なくなり、人間関係で悩まされることが減ってきます。子年生まれの人は、自分のことをまず深く知ることから始めましょう。

そして自分の持つフットワークの軽さや人当たりの良さ、そして金運の強さを最大限生かせる毎日を過ごせるよう、意識していってくださいね。

▼もっと詳しく干支占いを体験したい方はコチラ▼
生年月日からあなたの十干・十二支を算出し
宿命・才能・運勢を完全無料で占います

↓「干支占い」の細密鑑定はコチラ↓
古代中国由来の超本格『干支占い』で
あなたの人生と運命の全貌を鑑定します

干支で占う人生|林秀靜の“超本格で的確”な干支占いが登場。長年に亘る研究実績と緻密な分析を基に、あなたの生年月日に刻まれた運命を深くまで読み解く。古代中国から伝わる究極に当たる命術をご体感ください。

鑑定項目一覧

・生年月日に刻まれた運命を干支から紐解いていきます

・生まれ月の干支で見る、あなたの性格と人柄

・生まれ年の干支で見る、あなたの人生全体のテーマと今後やり遂げること

・生まれ日の干支で見る、人生であなたが大切にすべき「人物」と「人間関係」

・六十干支で知る、人生の中であなたを救ってくれる「長所と武器」

・あなたが人生で壁にぶつかった時、状況を好転させるために

・あなたが人生において「取り入れるべきもの」「捨てるべきもの」

・今、あなたが周囲の人に与えている影響と存在感

・今、あなたに舞い込みやすい幸運

・あなたの生涯の「仕事運」と「成功運」

・あなたの生まれ持った金運と生涯で成す財産

・あなたの個性を磨くために、今力を注ぐべきもの

・あなたが恋愛・結婚によって得る幸せと、次の婚期

・今年あなたに流れている運気

・あなたの人生に変化をもたらす一大転機

・その転機によって、変化するあなたの状況や環境

・健やかな晩年を過ごすために健康で気を付けること

・10年後、あなたの人生で手にしている飛躍と成功

・晩年、あなたが手に入れている人生の成功と幸せ

・あなたの毎日を充実させ、幸せな人生を進むために

林秀靜・渾身20項【現在から晩年期まで全て知る】あなたの人生全録SP
会員価格:1980円(税込)
通常価格:2530円(税込)
うらなえる本格鑑定の監修者サイトで占います
会員登録(無料)すると、会員割引価格で購入できます
テレシスネットワーク株式会社は、ご入力いただいた情報を、占いサービスを提供するためにのみ使用し、情報の蓄積を行ったり、他の目的で使用することはありません。
ご利用の際は、当社個人情報保護方針とうらなえるの利用規約に同意の上、必要情報をご入力ください。

他の十二支はこちらで紹介しています

子年 丑年 寅年

卯年 辰年 巳年

午年 未年 申年

酉年 戌年 亥年

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの占い