タロットカード【18.月】の意味|正位置・逆位置と悩み別の解釈
(c)Telsys Network CO.,LTD.

タロットカードには、それぞれそのカード特有のメッセージが込められています。

また、カードが正位置で出ているか、あるいは逆位置で出ているかでメッセージの内容も変わり、占うテーマによっても解釈が異なってきます。

ですから、タロットカード占いをする時は、まずカード本来の意味を知ることがとても重要なんです。

それでは、タロットカードの大アルカナ【月(The Moon)】について解説していきましょう。

タロットカード「18.月」の基本的な意味

オオカミと犬、ザリガニが中心に描かれた大きな月を見上げている【月】のカード。神秘的でミステリアスな雰囲気を感じると思います。

同じ夜のカードでも、星では希望に満ちあふれたポジティブな意味合いでしたが、月は心の闇を覗くようなネガティブな意味合いが強くなっています。

そのため【月】は、深い精神性を示しており、「迷い」「不安」「嘘」「スキャンダル」という意味の他に、「霊感」や「直感」という意味を持っています。

また、感情的な部分が表に出やすいことからも、ヒステリーや静かな怒り、水面下から忍び寄る敵など、手ごわい存在を示唆していることも…。

目に見えているものがすべてではない、ということを示しているのです。

「18.月」の解釈キーワード

迷い・不安・ヒステリー・エキセントリック・凶器・夢・だまされる・嘘・錯覚・霊感・秘密・スキャンダル

「18.月」の正位置の解釈

【月】のカードの正位置は「心配」「現実逃避」「疑惑」「妄想」など、形のないモノへ対する不安を示します。

このカードが正位置で出た場合は、状況がクリアに見えていないことから、先行きが不透明で思い通りに進まない可能性が高くなります。

人間関係では、表面上からは見えないライバルの存在や悪意を持つ人物、信頼できない人などを示します。

また嘘をついていたり、表面だけで取り繕っていたり、内面がわからないので注意が必要です。

ただし、それが実は自分の妄想や思い込みである可能性もあります。自分の心の不安を相手に投影し、1人で空回ってしまっているのかもしれません。

不透明で曖昧な状況の中で、真実を見失って混乱しないように気をつけましょう。

「18.月」の逆位置の解釈

【月】のカードが逆位置で出た場合、月が本来持っているエネルギーから良い方向へと進むことになります。

たとえば、闇夜が空けて朝日が差し込んでくるように状況が少しずつクリアになる、不安から逃れる、明るい兆しが見えてくるなど、自分が置かれている状況や真実が見えるようになるでしょう。

対人関係でも、誤解が解ける、和解する、心配事がなくなるなど、良い方向に進みます。

また主観的な状況から、客観的な視点へと移り変わるため、物事をしっかり見つめることができるようになります。

しかし、まだ次の【太陽】がくるまでは油断はできません。

むしろ今の状況をしっかり見定め、問題を解決するように努力することが重要になるでしょう。

カードに何が描かれている?「18.月」のシンボル

(c)Telsys Network CO.,LTD.

月のカードに描かれているシンボルには、それぞれ意味があります。

①考え込むような月は、三日月や満月など色んな形に見えますが、これは姿がはっきりせずに変化していく不安や感情を示しています。また月を囲む32個の光線は生命の樹の天球の数10個と、22本のパス(道)を合わせた数と言われています。

②大地に続く一本道は、道のりの先は描かれていませんが、祝福を表す黄色で描かれています。

③両脇にある建物は、精神世界と現実世界のゲートを示しています。

④池から這い上がるザリガニは、池は潜在意識や深層心理を、ザリガニは不安や恐怖、害を与える敵の存在を示します。

⑤月に向かって吠える犬とオオカミは、犬は知性のある文明的を、オオカミは野性的な象徴です。

「18.月」の正位置|恋愛での解釈

恋愛での月の正位置は、不安に満ちた恋や隠れた恋愛を示します。

出会いを探しているなら、疑心暗鬼や不安、自信のなさから身動きできない状況を示します。出会いのチャンスがあっても危険人物である可能性があるでしょう。

片思い中なら、不安定で曖昧な関係や、真実が見えない相手、自分の心に迷いがあることを示します。このカードが出た場合は、思いを告げることは難しいでしょう。

両想いなら、疑心暗鬼で相手を信頼できない、先行きが不安、複雑な恋愛、不倫や浮気など隠れた恋愛がある可能性を示します。

表面上はうまくいっていたとしても、内面は意外とドロドロしている可能性があります。慎重に物事を進めていく必要があるでしょう。

「18.月」の逆位置|恋愛での解釈

恋愛での月の逆位置は、カードのエネルギーがポジティブな方向に働きます。

問題がクリアになる、状況が明るくなる、信頼することができるなど、精神的に安心できる状態になるでしょう。

出会いを探しているなら、今の状況から脱出することができます。気になる人が現れるでしょう。

片思い中なら、相手への理解が深まる、信頼関係が芽生える、お近づきになるチャンスがくるなど嬉しい出来事が起こりそうです。またライバルに勝つ、三角関係が解消するという意味合いも。

両想いなら、将来への道がはっきりと見えてくるようになります。誤解が解けたり、和解したり、迷いが消えて目的が見えてくるため、自信を持って進むことができるでしょう。

「18.月」の正位置|仕事での解釈

仕事において月の正位置が出た場合は、不透明な将来、すれ違い、誤解、才能を活かせないことを示します。仕事の場面でも、不安や心配は尽きません。

先行きが見えないことから不安で動けない、無駄足が増える、あるいは闇雲に動くことで失敗する、ライバルの出現という意味合いもあります。

また、自分自身が何を目指したらいいのかわからずに迷う、ということもあるでしょう。感情的になりやすいので注意が必要です。

しかし、自分の心がクローズアップされることから、想像力が高まる、感受性が豊かになる、芸術的な才能が開花するという場合もあります。

月のカードが出たら、1人の時間をゆっくり過ごして自分と向き合うことが仕事の成功につながるでしょう。

「18.月」の逆位置|仕事での解釈

仕事において月の逆位置が出た場合は、方向性が定まる、客観的な判断、トラブルが終結するなどの意味があります。

月のカードの逆位置が出た場合、仕事はポジティブな方向に向かっていくでしょう。

少しずつ不安や迷いが取り除かれることで才能を発揮したり、存在をアピールするチャンスが生まれたりする可能性があります。

誤解やすれ違いは解消され、人間関係も良好になり、信頼できる関係を築くことができます。ライバルに打ち勝つこともできるでしょう。

精神世界から現実世界に移行するため、具体的な成功への手がかりも見つかります。

ただし、明らかになることから隠していた秘密やミスがバレてしまうこともあるので、しっかり対策しておきましょう。

「18.月」の正位置|金運での解釈

金運を占った時に月の正位置が出た場合は、不安からくる浪費、不透明な出費を意味します。

暗闇でお金を落とすと見失ってしまうように、手元からお金がなくなってしまう可能性が非常に高いです。

使った記憶がないのに大きな出費があったり、無意識に浪費してしまったり、無駄遣いが増えるので財布の紐を締めるよう心がけましょう。

また借金やお金の貸し借りは控えたほうが無難です。気がつかないうちに金利が大変なことになっていたり、貸したお金も返ってこずに損をしたりする可能性があります。

月のカードが出た時は、自分で何とかしようとしても難しい状況になる可能性が高いです。信頼できるまわりの意見を参考にしたほうが良いでしょう。

「18.月」の逆位置|金運での解釈

金運を占った時に月の逆位置が出た場合は、金欠の原因がはっきりわかる、安定する、明確なお金の流れという意味合いが高くなります。

湯水のように流れていたお金の原因がはっきりとわかるようになり、対応できる状態になります。

無駄遣いや浪費は減り、形のあるものや役立つものに投資することができます。また金欠状態やピンチから脱出できるため、少しずつですが快方に向かうでしょう。

不透明な金銭の流れにメスを入れることで、より安定した金運を手に入れることができます。

ギャンブルや投資はあまりおすすめできませんが、しっかりとデータを参照したり、知識を入れたりしてからトライするのは良いでしょう。

ただし、月の逆位置が出た場合は金運が回復するまで時間がかかるでしょう。

本格タロット占いで
↓あなたの運命を詳細鑑定↓

他のタロットカードの意味はこちらで紹介しています

0.愚者 1.魔術師 2.女教皇

3.女帝 4.皇帝 5.法王

6.恋人 7.戦車 8.力

9.隠者 10.運命の輪 11.正義

12.吊るされた男 13.死神 14.節制

15.悪魔 16.塔 17.星

18.月 19.太陽 20.審判

21.世界

あなたにおすすめの占い