タロットカード【ペンタクルのクイーン】の意味と正位置・逆位置の解釈
(c)Telsys Network CO.,LTD.

タロットカード「ペンタクルのクイーン」の基本的な意味

美しい木々や花に囲まれながら、物憂げな表情でペンタクルを見つめる女性。

しかし「クイーン」であるにもかかわらず、その服装は女帝のような華やかなドレスではなく、どちらかというと地味で質素な服を身に着けていますよね。

この【ペンタクルのクイーン】は、経済的な安定も示しますが、それ以上にお金や豊かさに溺れることなく、精神的な満足や丁寧な暮らし、落ち着いた生活を求めている様子が伺えます。

つまり実利的な安定感、精神的な落ち着き、ゆとりのある生活など、心の充実や満足感にポイントがあるといえます。

しかし物質的な成功や安定した愛情が得られる環境であるからこそ、自分の内面に目を向ける余裕があるともいえるでしょう。

「ペンタクルのクイーン」の解釈キーワード

ボランティア・貢献・思いやり・包容力・親切・深い愛情・情にもろい・穏やか・安らぎ・広い心・育成・向上心・奉仕と慈悲

「ペンタクルのクイーン」の正位置の解釈

【ペンタクルのクイーン】は心の安定、穏やかな生活、深い愛情、慈悲深さなどの意味があります。

女性性は受動を示し、物質よりも精神面の安定や充足を意味します。

そのため、愛情や思いやり、幸福感や精神的な喜びを与える、もしくは受け取れることを示していますが、ペンタクルは仕事や生活、お金など現実社会そのものの象徴です。

つまり、金銭的・経済的な安定を得ながらも、それに溺れることなく心の充足を求めていく…という姿勢が大切だとカードは語っています。

このカードが出た時は、今持っているスキルも大切ですが、それ以上に自分本来の魅力を発揮していくことが成長や心の充足につながるでしょう。

「ペンタクルのクイーン」の逆位置の解釈

【ペンタクルのクイーン】の逆位置が出た場合、「退屈」「望みを失う」「不満足な生活」という意味になります。

たとえば経済的には恵まれていても、家族間の仲が悪くて寂しさを感じていたり、生きる目標がなく、ただ退屈な日々を過ごしたりしている状態は、果たして幸せだといえるでしょうか?

まさに満たされない思いや寂しさ、不満足、マンネリした生活、その他自由に身動きができない、束縛されている、自暴自棄になっている、引きこもり、誰にも頼れない状況など、精神的な孤独を示す場合もあります。

心の穴を埋めようと浪費や無駄遣いに走ったり、逆に守銭奴のようになってしまったりするケースもあるでしょう。

逆位置が出た時は、心の豊かさと経済的な豊かさについて向き合う必要があるかもしれません。

カードに何が描かれている?「ペンタクルのクイーン」のシンボル

(c)Telsys Network CO.,LTD.

【ペンタクルのクイーン】のカードに描かれているシンボルには、それぞれ意味があります。特に【ペンタクルのクイーン】のシンボルは、自然や調和、美しさを感じさせます。

①自然豊かな庭園は、山や川が見えており、自然とのつながりや調和された世界を象徴しています。

②山羊の頭が装飾された玉座ですが、山羊は豊穣と生産力の象徴、そして占星術では土のエレメントとして現実や仕事、安定を示しており、玉座ということで揺るぎない成功や地位を示しています。

③ペンタクル(金貨)を見つめる女王は、女性は受動や精神性、受胎を象徴し、金貨は成功や経済的な安定、仕事での成功を示しています。手に入れた技術や知恵、経験をもとにさらなる発展について思慮しているともいえます。

④女王の足元にいるウサギは、繁殖力や生産力を意味しています。ウサギは多産の象徴です。

「ペンタクルのクイーン」の正位置|恋愛での解釈

【ペンタクルのクイーン】が正位置で出た場合、穏やかな交際、安定した愛情、精神的な充足という意味があります。

出会いの場合は、趣味や生活の延長線上で出会いがありそうです。最初は友情としてゆるやかに愛情が深まっていくでしょう。

片思いの場合は、相思相愛の可能性があります。思いやりや日々の積み重ねが愛情を深めます。相手の方からアプローチをかけてくる可能性も期待できるでしょう。

両想いの場合は、周りから祝福された幸せな交際が期待できます。

同棲や結婚、さらに出産、家族が増えるなど生活を共にし、人生のパートナーとして一緒に進んでいく関係になります。

ちょっとしたプレゼントや思いやりのある行動が相手の心を動かすでしょう。

「ペンタクルのクイーン」の逆位置|恋愛での解釈

【ペンタクルのクイーン】が逆位置で出た場合、精神的に孤立する、寂しさを感じる、条件のみの関係という意味が強くなります。

出会いの場合は、お金や体目的など愛情が感じられない恋に注意。相手の人となりをよく見極める必要があります。

片思いの場合は、愛情が届かない、片思い、失恋の可能性が高まります。また思いが通じてもオープンにできないなど不当な立場になりそうです。

両想いの場合も、金銭トラブルや自分ばかりが損をする、愛情不足、打算的な愛情、過干渉など不満足な関係になりやすいです。

また相手にとって自分がどんな存在か、不安になってしまうかもしれません。

逆位置が出た時は、相手との距離感をつかむのが難しくなるので客観的に見ることが必要になるでしょう。

「ペンタクルのクイーン」の正位置|仕事での解釈

仕事において【ペンタクルのクイーン】が正位置で出た場合は、環境に恵まれる、落ち着いて仕事ができる、経済的な成功という意味があります。

周りの人に恵まれて穏やかな気持ちで仕事ができたり、有力者からのサポートや引き立てを受けたりなどの期待できます。

また自分のスキルを仕事に活かすことができたり、充実感をもって仕事に取り組めたり、収入もですが「やってて楽しい」と思える仕事ができるでしょう。

また生産性や可能性も期待できるので、新しいチャンスを手に入れるなど前向きな発展が期待できます。

細かい部分も丁寧に取り組むなど、細やかな気配りが幸運を引き寄せるでしょう。

「ペンタクルのクイーン」の逆位置|仕事での解釈

仕事において【ペンタクルのクイーン】が逆位置で出た場合は、無駄遣い、仕事が合わない、トラブルを招くという解釈になります。

仕事に対する責任感が薄れてしまったり、現状に不満を抱いて努力する気になれなかったり、仕事に対してモチベーションを維持することができません。

また労働の割に収入が少ない、周りの協力を得られないなど、実力が活かせず苦しい状況になりそうです。

足元がフラフラして不安定、優柔不断が原因でチャンスを逃すなど、良くない状況に自ら進みがちです。

逆位置が出た時は、地に足を着けることが大切で、目標や計画をしっかり立てるようにしましょう。

「ペンタクルのクイーン」の正位置|金運での解釈

【ペンタクルのクイーン】の正位置が金運で出た場合、生産性の向上、新しいチャンス、サポート、予想以上の利益が予想されます。

ペンタクルそのものが物質的な豊かさや経済的な安定を示していますが、さらに受け取る力が強くなることで手に入れた資産や幸福を、さらに増やして運用していく流れに乗りやすくなります。

また物質的な富に限らず、人脈の広がりや自分の中の新しい可能性を発見するなど、お金では買えないプライスレスな満足を手にすることもできそうです。

趣味で楽しんでいたことが収入につながるなど嬉しい展開も期待できます。

「ペンタクルのクイーン」の逆位置|金運での解釈

【ペンタクルのクイーン】の逆位置が金運で出た場合は、浪費、無駄遣い、投資の失敗などという意味になります。

せっかく手に入った幸運をうまく活かすことができず、お金で満足しようと暴飲暴食や浪費に走る可能性があります。

また、収入以上に出費がかさむ、借金や金銭トラブルによる損失、搾取される、交際費がかさんでしまうなど、不本意な出費が増えるでしょう。

自己投資もお金を使った以上の利益は望めず、損をすることになりそう。

お金や生活の無駄の原因は心にある可能性があり、自分の内面について見直す必要があるでしょう。

本格タロット占いで
↓あなたの運命を詳細鑑定↓

他のタロットカードの意味はこちらで紹介しています

0.愚者 1.魔術師 2.女教皇

3.女帝 4.皇帝 5.法王

6.恋人 7.戦車 8.力

9.隠者 10.運命の輪 11.正義

12.吊るされた男 13.死神 14.節制

15.悪魔 16.塔 17.星

18.月 19.太陽 20.審判

21.世界

あなたにおすすめの占い