夢占い|死ぬ夢の意味は?自分が死ぬ夢、知り合いが死ぬ夢…吉夢の可能性も
(c)iStock

あなたが見た夢には、どんな意味があるのでしょうか。

夢を分析することで、あなたの不安を取り除き、自分でも気づかない潜在意識を知ることで、進むべき道が見えてくるかもしれません。

今回は、あなたが見た「死ぬ夢」について、金森藍加先生が解説していきます。

死ぬ夢の意味

死ぬ夢は、意外に思うかもしれませんが、基本的に吉夢です。

人は脱皮することによって、成長していきます。

「死」の夢は、古い自分から脱皮して、新しい段階へと入っていくことを示しているのです。

新しい人生のスタートといえるでしょう。

とくに、自分が死ぬ夢は、自分の内にあるこだわりや呪縛が解けていき、幸運がやってくることを暗示しています。

あなたの隠された才能が大きく花開いていくので、ぜひ、自分の力を最大限に発揮してください。

知り合いが死ぬ夢は、その人との関係を見直す時期に来ていることを表しています。

母親や父親が死ぬ夢は、親との関係を新しく築くことを表しています。

甘えてばかりいるときは、「そろそろ自立しなければ」と、心の奥で考えているはずです。

それと同時に、離れるのがさみしいという気持ちもあるでしょう。

また、親と離れている場合には、そろそろ親孝行をしなければならないと感じているようです。

これまでとは違う、親との関係を築くことで、幸せへとつながっていくでしょう。

動物が死ぬ夢は、その動物の象徴によって、解釈が異なってきます。

たとえば、ウサギが死ぬ夢は、ウサギの象徴「やさしさや無垢な心」をなくしていることを表しています。

ウサギは恋愛運をアップしてくれるので、ウサギが死ぬ夢は、恋愛運が下降していく暗示となります。

金森藍加先生の公式ブログはコチラ
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
金森藍加のソウルトラベラー

【金森藍加】の当たる本格鑑定占い
↓まずは【無料占い】をチェック↓