好きになった人が彼女持ちだったら…略奪の可能性を上げる秘訣

とても素敵な人に出会い、恋に落ちてしまった。

でもその人にはすでに彼女が、奥さんがいた…そういう時って本当にショックですよね。

もちろん、忘れることができればそれが一番。

でも、いけないとは思いつつもどうしても諦められない恋もあります。

何とかして奪い取る方法はないかと思いますよね。

ここでは、一度火がついてしまったこの恋を諦めることなく、何とかして彼を彼女や奥さんから奪い取るためにはどうしたらいいのかについて、お伝えしていきます。

彼女持ちの男性を好きになった女性の特徴

彼女がいる男性を好きになってしまう人ってどのくらいいるのでしょうか。

実は、3割ぐらいの女性が、彼女がいる男性を好きなった経験があるのだそうです。

理由は、「彼女がいると分かっていたのに、仲間や同僚として一緒にいるうちに好きになってしまった」ということがほとんどです。

しかし中には「好きだった人に彼女がいると分かった」という、最初から好きだったパターンや、「友達に彼氏として紹介された時に一目惚れしてしまった」という、それこそどうにもならないパターンもあったりします。

最初から悪意を持って略奪しようと思っている人などほとんどいません。

略奪愛や不倫などに興味は持っていないし、むしろ嫌悪していたりする場合もあります。
彼女が、奥さんがいると分かっていても好きになってしまい、苦しい思いをする人がとても多いのですね。

実際、略奪愛って成功する?

略奪愛はうまくいかない、とよく聞きますが、実際どうなのでしょうか?

これはカップルの状態にもよるのですが、基本的に誰が見てもお互い大好き!というのが分かるカップルを別れさせるのは至難の業です。

人を使って裏工作をやるぐらいのつもりがなければ略奪愛を成功させられる可能性はほぼゼロと言っていいでしょう。

もう少し確率が高くなるのは、男性が「彼女に会えない、彼女が構ってくれない」のような愚痴をこぼしている、という状態です。

彼女のことは好きなんだけど寂しい……と不満が募っている時ですから、話をしっかり聞いてあげると「こういう子なら一緒にいられるかな?」と傾く可能性は3割ぐらいにアップするでしょう。

最も略奪愛が成功する可能性が高くなるのは、明らかに関係が破綻している場合。

彼がつらそうにぽつぽつ話す時は、彼の思いに寄り添うようにして話をうんうん、と聞いてあげると、「理解のあるこの子と付き合う方がいいかも」と心がぐらりと揺れ動きます。

略奪愛の成功確率は5割ぐらいになりますよ。

【注意】彼女・妻帯者持ちの男性にしてはいけないNG行動

彼女や妻帯者を好きになって、略奪愛を狙うとします。

その時、彼にアプローチする時にやってはいけないこと、それは「一緒に悪口を言うこと」です。

たとえ彼が彼女や奥さんの悪口を言っていたとしても、自分は絶対に口にせず「大変だね」「つらいね」のようにあいづちを打つだけにしましょう。

一緒に悪口を言うことは寄り添うことでも何でもなく、かえってあなたの印象を悪くしてしまうし、トラブルにつながることもあります。

また、あなたの存在をアピールして彼と彼女・または奥さんとの関係を壊そうとするようなこともオススメできません。

休日にわざとしつこく連絡をしたり、一緒にいるのに目の前でベタベタくっついていったりすることはやめましょう。

特に妻帯者の場合は、不倫として慰謝料請求をされてしまい、彼とも会えなくなって踏んだり蹴ったり、という状態に陥ることもあります。

彼女持ちの男性を落とす秘訣と注意点

略奪愛を成功させようと思ったら、まずはあなたと一緒にいる方が幸せになれると相手に思わせることが何より重要です。

例えば、彼女が料理下手で、と愚痴っていればおいしいお弁当を作ってアピールする。
話を聞いてくれないと言っていれば、あなたはただ寄り添って笑顔で話を聞く、などでいいのです。

彼が求めているものを私ならあげられるとしっかりアピールできれば、彼だって幸せになりたいのですから、あなたの方にぐっと心が傾いていきます。

また、ことあるごとに彼にお礼を言う、彼を褒めるなども効果的です。

お付き合いが長くなると、何でも当たり前になり、感謝や賞賛が少なくなります。

男性は褒められたい、感謝されたい気持ちが強いので、それをあなたから得られると分かれば、何かとあなたが気になるようになってきます。

注意点としては、あまり表だってやらないことです。

例え関係がうまくいってないとはいえ、周囲から見れば彼女や奥さんの方が立場は強く、あなたはアウェーです。

あなたが表立ってアピールしていれば一気に敵が増え、略奪が難しくなる可能性が高くなりますので、ご注意を。

略奪を叶えた女性の体験談

では、見事彼をゲットした方々の体験談をご紹介します。

まずは略奪愛に成功したSさん。

「彼女が冷たいと愚痴っていたので、私はとにかく彼をお礼を言う、彼を褒める、という当たり前のことを心がけていきました。そのうち私と一緒にいることが増え、ついに、彼女と別れてきてくれました」

もう1人、略奪愛に成功したTさん。

「彼が好きだからこそ、いろんな悩みを聞いてあげていたのですが、私が彼女だったらいいのに、という発言がだんだん増えてきて、ある日、彼女と別れてきた、だから俺と付き合ってと言われました。今すごく幸せです!」

最後は略奪婚に成功したMさん。

「とにかく彼が居心地の良い空間をつくることを心がけていきました。時間はかかりましたが、それを責めず、信じていることを伝えて待つよう心がけていました。

離婚が成立して今は彼と一緒に楽しく暮らしています」

男性には、居心地の良さが一番の魅力のようですね。

さいごに

彼女がいても諦められない恋愛をしてしまうこともあります。

どうしても彼と一緒にいたい、略奪してでも手に入れたい、と強く思うのであれば、自分と一緒にいるとこんなに良いことがあるよ、とアピールしてみましょう。

そうやって彼にとって居心地の良い場所になり、彼が自然とこちらに来てくれるようにすれば、あなたも彼も幸せになれますよ。