手相占い|手相で占う、あなたも気づいていない深層心理・本質【無料占い】
(c)iStock

これまで「手相占い」に興味を持ったことがある方は多いのではないでしょうか?

手のひらにある運命線、頭脳線、そして結婚線といった、さまざまな手のひらの線から、その人の本質や基本性格を占うことができる「手相占い」

特に道具もいらないので気軽に試したくなりますが、自分の手相ってどうやって見ればいいかわからない方も多いですよね。

そこで今回は、数ある手相の線の中から【頭脳線】の鑑定の仕方や意味について詳しく解説していきます。

頭脳線はその名の通り「知能」を表しているので、その人の思考や本質が読み取りやすいと言われています。

あなた自身も知らないかもしれない「自分の本質と性格」と「深層心理」について、頭脳線のイラスト付きで紹介していきます。

鑑定の仕方を覚えれば、気になる人の手相もわかるようになるかもしれませんよ。

それでは、次のうち、あなたの手相に当てはまるものを読んでみてください。

【1】頭脳線の起点が生命線と同じ

(c)Telsys Network CO.,LTD.

頭脳線の始まりが生命線と同じだった場合、あなたは「慎重派で堅実な人」です。

着実に進むために周囲からは少し消極的な人に見られがちですが、持ち前の粘り強さがある芯の強い人でもあります。

危険を避けて通るだけでなく、たとえ困難が立ちふさがっても地道な努力を続けられる忍耐強さがあります。

また石橋を叩いて渡る派かと思いきや、一度決断すると素早い行動力を発揮します。

ですので、この手相の持ち主の方は物事の成功率がとても高い方といえるでしょう。

大きな失敗もなく着々と理想の人生を歩んでいける方が多いです。

【2】頭脳線の起点が生命線の上にある

(c)Telsys Network CO.,LTD.

頭脳線の起点が生命線の上にある場合、あなたは「明るくておおらかな人」です。

社交的で快活。

心を開いてコミュニケーションを取るため、相手も打ち解けやすく、友人が多い特徴があります。

積極的なのでリーダーに向いているタイプでもあります。

ただ細かいことにこだわらない一面があり、それが良い時と悪い時があるようです。

そして女性の場合、長女の方に多い手相だと言われています。

もし長女でなくても、人をひっぱっていけるような統率力が備わっているはずです。

また好きなことを仕事にしている人が多いようです。

【3】頭脳線の末端が第二火星丘まである

(c)Telsys Network CO.,LTD.

頭脳線の端が第二火星丘まである場合、あなたは「優れた決断力と行動力が備わっている人」です。

第二火星丘とは手のひらの小指寄りの中央部分のことで、感情線の下の場所のことです。

ここは自制心や忍耐など、心の内側に対抗するエネルギーを表している部分でもあります。

そこに末端が近い人は理性が強い方がとても多いです。

現実主義者なので、仕事は創作などの芸術分野よりも実務的な分野が合うでしょう。

また頭脳線の端が手のひらから甲まで伸びている人は、やや打算的な面が垣間見られますので、利己主義かもしれません。

【4】頭脳線の末端が枝分かれしている

(c)Telsys Network CO.,LTD.

頭脳線の端が枝分かれしている場合、あなたは「優れた感性の持ち主」です。

高い能力を保有し、さまざまな才能に恵まれている方です。

その反面、少し優柔不断な部分も抱えています。

スパッと即決することが苦手で、何事に対しても迷ってしまいがちではないでしょうか?

せっかく才能があっても、行動を移すべき時にできなければ、宝の持ち腐れになってしまうことも…。

あなたのポテンシャルは人一倍ありますので、自信を持って何事にも取り組むようにしましょう。

勝負どころで才能を発揮できれば、きっと目標を達成できるはずです。

【5】頭脳線の末端が弧を描くように月丘に下降している

(c)Telsys Network CO.,LTD.

頭脳線の端がゆるやかなカーブを描いて月丘に下降している場合、あなたは「ロマンチストな人」です。

月丘とは小指の下の手首に近いところのふっくらしている部分です。

頭脳線は真っすぐであるほど現実的なタイプと言われています。

弧を描くように下降している場合は、反対に夢見がちな面があるタイプであることが多いです。

空想や妄想も大好きで、好きな人も近くにいる手の届きやすい人ではなく、芸能人やアイドル、またアニメや漫画の二次元の人であることも。

現実世界ではなく、空想や夢の世界で生きていく人かもしれません。

【6】頭脳線と感情線がますかけになっている

(c)Telsys Network CO.,LTD.

頭脳線と感情線がますかけ状態になっている場合、あなたは「天下取りの相を持つ人」です。

“ますかけ”とは、線と線が合体して1本の線になっている状態を指します。

あの戦国時代で天下統一を果たした織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という名だたる歴史上の人物も、全員「ますかけ手相」だったと言われています。

絡み合って1つになっている様が「つかんだ運を離さない様」だと言われており、稀な強運を持つ人にだけ現れる相なのです。

アイデアが豊富でリーダーシップがあり、まさに人を率いていくことに長けた人だといえるでしょう。

最後に

あなたに当てはまる手相はあったでしょうか?

実は手相は生まれつき固定されているものではなく、日々変化しています。

なので、数か月の間に手相と運命も変わっていくそうです。

自分で手相を見ることができれば、こまめに今の状態をチェックできるはずです。

ぜひ人生を豊かにするために手相を活用してみてくださいね。

あなたにおすすめの記事

【人気1位】Love Me Doの占い

【当たる!】鏡リュウジの占い