【ふたご座流星群】あなたは夜空にどんな願いを託す?

2020年のふたご座流星群の活動は、12月14日10時頃に極大を迎えると予想されています。今年は、極大が日本で観察しやすい時間帯に比較的近い上、15日が新月のため月明かりの影響もなく、かなり良い条件で観察できます。

流星が最も多く現れそうなのは、13日の夜から14日の明け方にかけてです。日付が14日に変わる頃、空の暗い場所で観察すれば、最大で1時間あたり55個前後の流星が見られると予想されます。また、12日の夜、14日の夜も、最大で1時間あたり20個を超える流星が出現すると考えられます。いずれの夜も流星は、20時頃から現れ始め、本格的な出現は22時頃からで、夜半を過ぎた頃に数が最も多くなり、薄明が始まるまで流星の出現が続くでしょう。(国立天文台HPより)

昔からの言い伝えで、夜空の流れ星に三回願いごとをすると実現するといわれていますね。
どうして流れ星に三回願いごとをするといいのでしょうか。

もしあなたが夜空に願いを託すとしたら、どんな願望を叶えてほしいでしょうか。
今年も年末が近づき、あと残すところ12月だけになりましたね。

一年の締めくくりになる月には、今年の目標や願いが最後には報われるといいですよね。

まだ一年は終わっていませんから、希望はあります!

現実的に考えると、流れ星はとにかく流れていくスピードはものすごく速いです。
一瞬とも思えるくらいです。

そんな一瞬だけしか流れない流れ星に、どうやって三回も願いごとを唱えられるでしょうか。
どんなに心の中で早口でいってみても、流れ星が落ちるまでに三回言い切るのは難しそうですね…。

気づいた頃には流れてしまっているのが普通です。
ですから、さぁ、これから願いごとをしよう!と思った時には、もう流れ落ちてる時もあります。

どんな人が流れ星に三回願いごとができるでしょうか?

実は、今年のふたご座流星群は願いを託しやすいんです。
ではその理由について解説していきますね。

三回願い事をすると願い事は叶う?

三回願いごとをすると、願いが叶うという迷信があります。

三回願いごとなんてそもそも無理!と思うかもしれませんね。

しかし、あながち無理ではありません。

実は2020年、ふたご座流星群の活動は12月14日22時頃に最大の運気を迎えると予想されています。

このタイミングで極大を迎えると予想されているからです。

極大というのは、流星群が極めて大きくなることです。

流星群は流れ星を意味するから、ふたご座の流れ星が見やすくなるということですね。

新月のため、月明かりに邪魔されることもありません。

だからかなり鮮明なふたご座流星群が観察できそうです。

ふたご座流星群が最も出てきそうなのは、12月13日の夜から14日の明け方にかけてです。

通常、流れ星はあっという間に消えてなくなってしまいますね。

流れるスピードは本当に速いです。

ですが、極大の日を迎えると、いつもより流れ星が見やすくなります。

三回願いごとをするチャンスです!

あなたが常に頭の中で思い描いている夢を咄嗟に唱えましょう。

常に想像している夢ならば、ふたご座流星群が現れた時もすぐ願えるのでは?

潜在意識の中にある夢や未来は、実現しやすいのですよ。

ぜひ12月のタイミングを狙って願いごとをしてくださいね。

流れ星に願いを込められる人とは?

今年のふたご座流星群は12月に極大を迎えるということで、流れ星に願いを込めるラストチャンスかもしれません。

どんな人が流れ星に願いを込められるでしょうか?

それは、常に叶えたい願いを持ち続け頭の中でイメージしている人です。

常に頭の中に願いがあるからこそ、ふたご座流星群が流れた時も素早く願うことができます。

いつも頭の中に願いを描いている人は、その願いが叶いやすいのです。

常に「これを叶えたい!」と想像しているなら、素早い流れ星にもきっと追いつけるはず。

いつも頭の中に思い描いている夢は、実現しやすいですよ。

いつも描き続けていることで、潜在意識にもその願いがすりこまれています。

だから今年のふたご座流星群が突如出現した時も、すぐ反応できるんですね。

最も良い条件は、12月13日の夜から14日明け方くらいまでです。

月明かりの影響がまったくないですし、空の条件が良ければ一時間あたり50以上の流星群が流れます。

寒さ対策を万全にして夜空を見上げていれば、願いごとをするチャンスがたくさん得られます。

今年中に叶えたい夢や目標があれば、ぜひ今年のふたご座流星群のタイミングを狙って叶えましょうね!

流れ星に三回願いを込めることで願望成就へ

流れ星に三回願いごとを込めると、どうして願望成就に向かうのでしょうか。

もうすでに何となく予想している方もいるかもしれませんね。

流れ星に三回願いごとがいえるかどうかは、実はそれほど重要ではありません。

本当に大切なのは、常に頭の中で叶えたい夢を描くことです。

自分が理想とする未来は、何度イメージしてもいいのです。

むしろ何度もイメージングすることで、願いを叶える力は強まります。

夢は思い描くことで実現するのですから。

夢というと、ぼんやりして手の届かないものという印象があるかもしれません。

そう感じるなら、まだリアルに描けていないということです。

夢をリアルに描けば描くほど、それは実体を帯びて現実に近づきます。

大事なのはただ漠然と願うことではありません。

いかにリアルに描くかが重要なのです。

素敵な未来をイメージすればするほど、あなたの中でその夢への意識が高まっていきます。

無意識にその夢への運気が上昇していくのですね。

今年のふたご座流星群が極大になる日は、特に強くその願いをイメージするといいですよ。

おわりに

今年ももうあとわずかだから…と、諦めることはありません。

12月13日から14日は、ふたご座流星群が50以上は流れます。

その流れ星に思いを三回託せば、実現するチャンスや運気もアップします。

とはいうものの、本当に大切なのは流れ星に三回願いを唱えることではありません。

あなたが日ごろから叶えたい未来を想像することです。

ただ想像するだけではなく、現実味を帯びるように想像してくださいね。

頭でイメージングするだけでなく、その願いを文字やイラストにするのもおすすめです。

動画や写真にすれば、よりリアルになってきますよ。

その夢を自分の潜在意識にしてしまえば、瞬間的に流れ星が流れた時も咄嗟に唱えられるはず。

流れ星に願いごとをするという行為自体ではなく、常に夢を描いていることが大切なのですね。

あなたは自分の本当の可能性や運命に気づいてますか? もし“現状に満足できていない”と感じるなら、本当の自分や好きなあの人のことを、まだ完全に知らないだけかもしれません。

今、30代・40代の女性に大人気!
眼に視えない世界に隠れた本当の可能性や秘密の本音が解ってしまうタロット占いがあるんです。

自分も知らないあなたの本当の魅力
大好きなあの人の隠れた気持ち
あなたが心から望む夢や願望の叶え方

本物の実力を持つ厳選占い師の“タロット占い”で、あなたやあの人にまつわる全てを見抜きます。
今すぐ無料鑑定を受ける▶