意外と多い「LINE苦手女性」が男性を虜にするための5つのモテテク

LINEといえば、日常生活にはもちろん、今や恋愛にも必要不可欠なツールになっています。

でもその一方で、「どのくらいの頻度でLINEのやり取りをしたらいいのか分からない」と悩んでいたり、そもそもLINEでのやり取りを面倒くさいと感じて苦手意識を持っていたりする女性も多いんです。

あなたもそうなんじゃないかな?

だから今回は、そんな「LINE苦手女性」でも、ちょっとしたことで上手に男性と付き合えるようになる方法について紹介したいと思います。

LINE苦手女性でもうまくいくモテテク1 あえて苦手なことを伝える

まず、初対面や恋愛初期の段階で、「実は私ってLINEが苦手なんですよね…」とあえて伝えるようにしてください。

そう、最初に宣言しておくんです。

ただ、これを言ったからといって、連絡待ちの姿勢はNGですよ。最初だけは何とか頑張って、自分からLINEしてみてください。

最初に「LINEが苦手」ときちんと伝えているので、多少連絡が遅くなったとしても、男性はそんなに気になりません。それに、苦手だと言っているLINEを一生懸命してくる女性に対して悪い気持ちは抱きませんよね。

むしろ「LINE嫌いの女性がわざわざ俺にLINEしてきている。頑張ってくれている。」「苦手なことを頑張ってまで自分と連絡が取りたいのか」と思い、男性もテンションが持続するはずです。

LINE苦手女性でもうまくいくモテテク2 仕事、お疲れさまLINE

LINEが苦手だという「LINE苦手女性」の中には、どんなタイミングでLINEを送ったらいいのか分からないから苦手、と感じている人もいるでしょう。確かに、親しくなる前に送るLINEなんて特に…ですよね。

それならば、普段の会話の延長のようにできる、仕事後の「仕事、お疲れさまLINE」がおすすめです。

これなら普段から当たり前のようにやっている声かけなので、言葉も思いつきやすいと思います。思いつかなければシンプルに「お仕事終わったかな?お疲れさま」というような内容でも大丈夫です。

仕事が終わった後なら時間的にも精神的にも余裕ができる男性が多いので、「終わったよ~。そっちはどう?」のように、ちょっとした会話へ入るきっかけにもつながるでしょう。

LINE苦手女性でもうまくいくモテテク3 相手の得意なことを質問する

LINEが苦手だという「LINE苦手女性」は、実はLINEと同様、そもそも自分のことをアピールするのが苦手と感じている人も多いようです。自分をアピールするのが苦手ならば、逆転の発想!

男性側が喜ぶLINEのメッセージを送ることを意識してみましょう。

たとえば、お相手の得意なことを聞いてみるんですね。得意なことを聞いてもらえるのは、男性にとってはとっても誇らしいことです。

そしてお相手の得意なことの中に、あなたが苦手でぜひ頼りたいというようなことがあったら、「私、それ苦手なんですよね。時間があったらお願いしてもいいですか?」とさりげなく頼ってみるんです。

頼られて嫌な気がする男性は少ないので、そういうきっかけを得るためにも、どんどん質問してみましょう。

LINE苦手女性でもうまくいくモテテク4 ちょっとした褒め言葉を入れる

LINEが苦手だという「LINE苦手女性」は、どんな内容を送ったら男性が喜ぶのかをいまいちつかみ切れていないのかもしれません。「どんなことを送ったらいいのかな…」と悩んでいるうちに、結局、LINEのやり取りが滞ってしまうことになりがちです。

喜ばせる内容が思いつかないのであれば、簡単にできる喜ばせる方法をお教えしちゃいましょう。

短いLINEの中に、「すごい!」「さすが!」などの、さりげない褒め言葉を入れるようにするんです。それだけ!

人は誰でも褒められるのが大好きです。そして、女性から褒められて嫌な気持ちになる男性はほとんどいません。

言葉が思いつかないならば、相手の褒めるところを探すほうに注力し、短い言葉で褒める。これならできそうですよね。

LINE苦手女性でもうまくいくモテテク5 返信のタイミングにこだわる

いくらLINEが苦手だからといっても、相手からのLINEを放置したり、既読無視したりするのは良くありません。それは相手に対して、とても失礼なことです。自分がその対応をされたらどう思うかを考えてみれば分かることですよね。

その日に来たLINEはその日のうちに、遅い時間に来たものに関しては翌日には返信するよう癖をつけましょう。なぜなら、時間が経てば経つほど、何と返したらいいのかが分からなくなり、余計に返信しづらくなるからです。

そして返信のタイミングですが、たとえばお昼休みなどの相手が返しやすい時間帯や、相手の状況に合わせたタイミングでLINEを返信すると気遣いも見られてベストです。分かっている範囲で、お相手の手が空いている時間帯を狙いましょう。

最後に

今までは「苦手だから」と敬遠していたかもしれないLINEですが、男性側の好むメッセージと送るタイミングが分かれば、少しハードルが下がりませんか?

大事なポイントはお伝えしましたので、「これならできる!」ということから、今すぐ実践してみましょう。考えて動けなくなるくらいなら、まずはトライです。

1人につき1台以上が当たり前、のスマホ時代の今だからこそ、LINEが恋愛にもたらす影響はとても大きいです。苦手なんて言っていられないほど使えるステキなツール、それがLINEなんです。

LINEでのたわいのないメッセージのやり取りが、2人の距離を近づかせる重要なきっかけにつながることにもなります。あなたの幸せな恋愛のためにも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

【人気1位】Love Me Doの占い

【今話題】村上紫乃の占い