【最新2021年】一目でわかる!新月・満月・月のボイドタイム◆カレンダー
(c)iStock

新月の日にお願い事をすると叶うという話を聞いたことはありませんか?

古くから言われてきたことで広く知られているので、どこかで聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。

新月の願い事とは具体的に自分の叶えたいことを紙に書きます。すると目標を達成するためにパワーが高まると言われています。

ただし新月に願い事をするだけではなく、満月の振り返りというものを行ったほうが効果的なんです。

これは新月に書き出した願い事の振り返りを行う作業。反省して必要に応じて改善していくと、より夢が叶いやすくなります。

そこでここでは 新月の願い事と満月の振り返り、さらには月のボイドタイムについて詳しく見ていきます。

2021年の最新情報も紹介するので、チェックしてくださいね。

【最新2021年】新月・満月・月のボイドタイムカレンダー

(c)Telsys Network CO.,LTD.

「新月の願い事」手順を詳しく解説!

新月の願い事を行うタイミングですが、新月を過ぎてから行います。

そのためには新月のタイミングを前もって調べておく必要なので【最新2021年】新月・満月・月のボイドタイムカレンダーを活用してくださいね。

新月が過ぎたら、自分の夢や願い事を紙に書き出しましょう。

頭にイメージするだけでなく、文字にして書き起こすことが大事ですよ。文字にすることで、願い事を自分の中でイメージをはっきりさせられるからです。

目標が明確であれば、そのために今、自分が何をすべきかも明確になりますよ。

願い事については特に制約はありません。

ただしおすすめなのは 自分の成長につながる夢・目標
あくまでも自分自身を主体にしたほうが夢は叶いやすくなります。

中には他人の考え方や行動を変えたいという願いもあるでしょう。「○○をこうしたい」という書き方だと他人が主体になるので、願いは叶いませんよ。

この場合「○○に接する自分自身を変えたい」というような願い事に変えることです。そうすれば、自分自身が主体になるので願いが叶いやすくなります。

紙に書いたら、今一度その内容を確認することです。読み返してみて問題なければ、これで終了です。

願い事を書いた紙ですが、また読み直せるように保管しておきましょう。

次の新月が来た時には、その紙を取り出します。そしてそのタイミングに合わせて、願い事を書き直してみましょう。

「満月の振り返り」手順を詳しく解説!

新月の願い事だけでなく、満月の振り返りをするのもおすすめですよ。

新月の日に願い事を紙に書いたら、それを保管しておきます。

そして満月になったら、その紙を取り出して願い事が叶ったかどうか確認しましょう。

もし願い事が叶ったのなら、そんな自分を褒めてあげましょう。この褒めることは案外重要なポイント。褒めることで、次の願い事を叶えるためのエネルギーになるからです。

また新月の願い事同様、 褒める時も紙に書き出すのがポイント。

褒める内容は自由で構いません。

「自分ってすごい!」

「○○のできた自分はやっぱりえらい!」

自分で自分を褒めるのは恥ずかしいかもしれません。でも誰にも見られないところで、思い切って褒めてあげましょう。

もし願い事が叶っていないようであれば、なぜ叶わなかったのか反省してみましょう。そうすることで願い事が叶うために必要なことや改善すべきことが見えてきますよ。

願い事を叶えるために自分に何が必要か、どう変えればいいのかについて考えてみましょう。目標に近づくためにはどうすればいいかを見直してみることです。

またもしかすると、後々振り返ってみて本当に実現したい夢ではなかったということもあるかも。

振り返りをすることで、このような新しい発見もあります。

その時には、本当の自分の夢は何か検討し直しましょう。

新月の願い事は避けたほうがいい? ボイドタイムとは

月のパワーを借りたいと思っているのであれば、ボイドタイムも気にしてほしいポイントの一つです。

ボイドタイムとは 月のパワーの発揮されない時間帯のこと。

なぜボイドタイムが起きるのか、西洋占星術の考え方が根本にあります。

月は本来、他の惑星とアスペクトという角度を作り、これがさまざまなパワーを与えます。ところがボイドタイムの時って、月はどの惑星ともアスペクトを構成しないのです。よって月のパワーが発揮されないというわけ。

この時間帯はいろいろなアクシデントが起こりやすいので注意が必要です。ミスしやすいので会議や契約、商談など重要なスケジュールは入れないほうがいいですよ。

新月の願い事についても同様。ボイドタイムに先ほど紹介した願い事の作業をしても、その夢は叶わない可能性が高いです。

新月の願い事をする前に、ボイドタイムも一緒に確認する習慣をつけましょう。

最後に

新月には不思議なパワーがあると太古の昔から信じられてきました。でも何もしなくても願い事が叶うほど、単純なものでもありません。

そこでおすすめなのが、新月の時に自分の願い事を紙に書き出してみること。

願い事を紙にしたためることで、 自分がどんな目標を抱えているのかはっきり意識できます。

自分の目標がはっきりすれば、今、何をすればいいかも具体的になりますよ。

そして満月になったら、自分の願いが叶ったのか振り返りましょう。願い事が叶ったら褒めてあげる、叶わなかったら何が足りないか反省しましょう。

毎月新月と満月を意識することで、自分の夢がスムーズに実現できますよ。

【一番当たる】水晶玉子の占い

【月が叶える】Keikoの占い